×

遊技機メーカー各社、熊本地震被災地への支援実施を発表

遊技機メーカー各社はこのほど、熊本地震による被災地の復旧、復興に対する義援金活動などの実施を発表した。

 

セガサミーグループでは、特定非営利活動法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパンに対してグループで総額3500万円の支援金を寄付。またグループの事業会社であるセガゲームス、セガ・インタラクティブ、サミーネットワークスが運営するゲームサービスを通じた募金活動のほか、フェニックスリゾートによる食料などの支援物資の提供も実施するとしている。

 

平和では、グループ総額2000万円の義援金を寄付することを決定。また、全国のPGMゴルフ場をはじめとしたグループ事業所において義援金を募る活動を開始する。寄付は被災地側の受け入れ態勢が整い次第実施するとしている。

 

京楽産業.グループでは、被災者支援に義援金1000万円の拠出を決定した。

 

サンセイR&Dでは、中日新聞社会事業団を通じて、義援金総額1000万円の寄付を行った。

 

藤商事では、義援金総額1000万円の寄付を決定。被災地側の受け入れ態勢が整い次第、寄付を実施するとしている。

 

[2016年4月27日・日刊遊技情報]

 

セガサミーホールディングス株式会社

 

株式会社平和

 

京楽産業.株式会社

 

株式会社サンセイアールアンドディ

 

株式会社藤商事

 

160427segasammy

今、読まれています!

1

今年3月9日、神戸市兵庫区にNEXUSグループ(本社・群馬県高崎市)が運営するパチンコホール『Sup ...

2

8月に新潟の遊技機販売会社が破綻した。その影響は存外に大きいと言われている。取引先のパチンコホールは ...

3

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , , , , , , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島