パチンコ業界ニュース 業界団体

日工組、「ちょいパチ」プロジェクトを発表

160428nikkoso01
日本遊技機工業組合(日工組)は20日、東京都中央区の三洋物産東京本社において「ちょいパチ」プロジェクトに関する記者会見を行った。

 

「ちょいパチ」は短時間遊技を望むユーザーや小額で楽しみたいユーザーをターゲットに、パチンコ未経験者や4円パチンコの新たな市場開拓を狙い、手軽で安心・安全に遊べる遊技機として日工組が提案しているもの。仕様は大当り確率40分の1以上、ヘソ賞球5個以上としている。形式名には全メーカー共通で、機種名の前に「ちょいパチ」という文言を入れ、後ろには大当り確率を表記することで統一。これにより「ちょいパチ」という言葉の浸透を狙う。

 

市場への導入は入替自粛期間明けとなる6月中旬から下旬を予定しており、第1弾機種では大当り確率が30分の1以上となる見込み。その後、7月中旬から下旬を予定する第2弾では、大当り確率が40分の1以上の機種が導入されるスケジュールとなっている。

 

「ちょいパチ」の市場導入に先立ち、告知活動の一環として29日、30日に千葉市美浜区の幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2016」において、日遊協が主催する「超パチンコ&パチスロ ファンフェスタ2016」ブースで、一般ファン向けに「ちょいパチ」の説明及び試打ブースを用意する。

 

記者会見では「ちょいパチ」の概要説明に続いて、日工組の金沢全求理事長が挨拶に立ち、「今のパチンコは射幸性の高い遊技機が非常に多く、お金の掛かる遊びと捉えられている。それでは初めての人には遊技して頂けない、いろんなメーカーの「ちょいパチ」をボックスや列で導入してもい、新たなファンの獲得を目指していきたい」と述べ、業界の再起をかけたプロジェクトをアピールした。

 

[2016年4月28日・日刊遊技情報]

 

日本遊技機工業組合(日工組)

 

160428nikkoso02

コメント (0)

編集部の注目記事

1

今週の「設置台数を調べてみた」シリーズは、パチンコの新機能として注目が集まっている「遊タイム」搭載機 ...

2

9月12日にグランドオープンした『Super D’station上越店』 皆さん初めまして、って初め ...

3

日本遊技関連事業協会(日遊協)は24日、会員資格停止に関する規程について臨時総会において決議した事を ...

4

「年内撤去対象機」の撤去期限が来年1月11日まで延長に 21世紀会は旧規則機の取扱いに関する決議で、 ...

5

『ピーアーク北千住SSS』は本年6月6日のグランドオープン当時、業界内をにわかに騒がせた。加熱式たば ...

6

新台のPVやパチンコ店のアイドルスタッフが登場する動画などパチンコ・パチスロに関連する動画をまとめま ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.