×

機構、1年分の遊技機性能調査結果を公表

遊技産業健全化推進機構(機構)は3日、2015年6月1日より開始した遊技機性能調査について、2016年5月までの1年間の、ぱちんこ遊技機の一般入賞口への入賞状況の調査結果を公表した。

 

今回、新たに公表されたのは2015年12月から2016年5月までの半年分。一般入賞口への入賞が確認された遊技機の割合は、調査開始当初、28.1%と低い数字であったが、その後は毎月確実に増加し、直近の2016年5月には91.2%と、これまでで最も高い数字となった。また一般入賞口への入賞が確認された台数も、2016年11月以来で100台を超えた。特に一般入賞口への入賞が10個以上確認された台数も、54台と過去1年間で最多となっている。

 

ちなみに1年間の有効調査台数は、全国51(延べ186)地区871店舗、1392台。一般入賞口への入賞が確認された遊技機は816台(58.6%)で、1台あたりの平均打ち出し個数は2965個。
なお遊技機性能調査は、1台のぱちんこ遊技機において大当り等を挟まず、2000個以上の打ち出しが確認できた調査のみを有効としている。

 

[2016年6月9日・日刊遊技情報]

 

遊技産業健全化推進機構(機構)

 

160609kiko

今、読まれています!

1

パチンコ主力機種における中古価格がまだまだ右肩上がりで推移している。新規則機時代へと突入して以降はめ ...

2

『PIA八王子』(パチスロ館) 「JR八王子駅」の北口近くにて営業してきたパチンコ店『コスミック八王 ...

3

ここ数年、”アイドル店員”と呼ばれるパチンコ店の女性スタッフがSNSを通じて店舗の宣伝活動を行うこと ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島