パチンコ業界ニュース 遊技機メーカー

豊丸産業、「CRデラマイッタ3rd」プレス向け説明会開催

160610toyo_eye

 

豊丸産業は6日、東京都台東区の東京営業所において、パチンコ新機種「CRデラマイッタ3rd」のプレス向け説明会を開催した。

 

同機は1998年に第1弾、2005年に第2弾が登場した「デラマイッタ」シリーズの最新作で、約10年の歳月経て復活。盤面中央には、ひと際目を引く業界最大の「ジャンボ7セグ」や、3桁の7セグ部分が回転し「FIRE」の文字が現れる「FIREギミック」を搭載する。演出ではスクエアフラッシュ予告やカモンリーチなど、過去の「デラマイッタ」シリーズを継承している。

 

スペックは「199R」が大当り確率199.8分の1で、確変突入率30%、ST60回転、継続率約62%のSTタイプ。「99V」が99.9分の1のデジ羽根タイプで確変突入率5%、60回転、ST継続率約62.2%。両スペックとも初当りから確変告知を行わず、60回転の「大予言タイム」と40回転の「デラックスタイム」による100回転の「DeRUSH」に突入する。

 

最大の特徴となる「大予言タイム」では、大当りチャンスのポイント(回転数)がジャンボ7セグ上に表記され、大当りを予言。STの消化数とセグの点滅が連動しており、1回転ごとにジャンボ7セグの点灯部分が増え、黄色く点灯したチャンスポイントへ近づくことで、大当りの期待度が高まる演出となっている。後半の40回転の「デラックスタイム」ではスピード感を重視し、連続テンパイで期待度がアップする。

 

なお納品日は7月18日を予定している。

 

[2016年6月10日・日刊遊技情報]

 

豊丸産業株式会社

 

160610toyo

コメント (0)

編集部の注目記事

1

全国遊技場青年部連合会は26日、名古屋市内の会議室AP名古屋において「パチンコホールの換気実証実験」 ...

2

『PIA雑色 新館』 『PIA』、『サントロペ』などの屋号で関東を中心にホールを展開するマタハリー( ...

3

ツイッターによって勤務先のパチンコ店をPRする「アイドル店員」が増えつつあるなか、埼玉県川口市にある ...

4

パチンコ業界に特化したマーケティングをおこなうシーズリサーチは19日、パチンコ景気動向指数(DI)調 ...

5

全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSAのホール5団体は19日、パチンコ・パチスロ産業21世紀会で ...

6

加熱式たばこを吸いながら遊技できる加熱式たばこ専用エリア(以下、加熱式エリア)を設置するパチンコ店の ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.