×

日工組、第1次、2次「回収対象遊技機」の撤去期限を8月末で調整

今週中にも第3次(最終)「回収対象遊技機」リストの公表を控えるなか、日本遊技機工業組合(日工組)は、各業界団体と協議し、先に公表した第1次、2次の「回収対象遊技機」リストの撤去期限を8月末で調整していることがわかった。

 

検定機と性能が異なる可能性のあるぱちんこ遊技機の回収撤去に関しては、2016年1月26日に、パチンコ・パチスロ産業21世紀会において、「可及的速やかに適正な遊技機に入れ替え健全化を推進していく」という声明を採択。

 

その後、2月10日に第1次、3月2日に第2次のリストが公表され、対象となっている機種は全部で45形式となっていた。また残りの「回収対象遊技機」に関しても、6月中にすべての調査を終了し、リストを公表、撤去期限は年内までとしており、今回の調整は撤去回収が集中し、混乱を引き起こさないための措置と考えられる。

 

[2016年6月23日・日刊遊技情報]

 

日本遊技機工業組合(日工組)

 

160623nikkoso

今、読まれています!

1

『ピータイムおもろ』 沖縄県にてパチンコホールを展開するピータイムグループ。経営店舗は主に「ピータイ ...

2

8月15日週はお盆休み中ということで新機種導入はなし。翌週も新機種は少ないので次回大型入替は9月上旬 ...

3

『MGM国領店』 東京都調布市にて新たなパチンコホール『メガガイア調布店』がグランドオープンを果たし ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島