×

機構、2016年度第1四半期の立入検査活動を公表

遊技産業健全化推進機構(機構)は15日、2016年度第1四半期(4月1日~6月30日)までに機構の検査部が実施した立入検査活動の実績を公表した。立入検査店舗数は、24都府県方面364店舗(うち計数機検査89店舗)。

 

検査台数は、パチンコ1979台、パチスロ2152台、計数機89台(玉67台、メダル22台)。昨年同期と比較すると達成率は検査店舗数で、約60.4%(昨年度603店舗)にとどまる。また検査遊技機では昨年同期比約53.7%(昨年度7686台)、検査計数機数が同101.1%(昨年度88台)となっている。なおこの数字には遊技機性能調査の結果は含まれていない。

 

[2016年7月29日・日刊遊技情報]

 

遊技産業健全化推進機構(機構)

 

160729kiko

関連記事

今、読まれています!

1

『あかね立石店』 東京都葛飾区にて営業してきたパチンコホール『あかね立石店』が、ジェイピーエルグルー ...

2

サミーは20日、新機種「パチスロRYUKYU BEAT-30」(ロデオ製)を発売すると発表した。パチ ...

3

店舗は併設店とスロ専の2店舗を経営している50代前半の副社長は、自分の代で会社を潰してしまうのではな ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島