×

ユニバーサル、「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ」記者発表会を開催

ユニバーサルエンターテインメントは25日、東京都江東区有明の同社本社ビル内において、エレコ製パチスロ新機種「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ」の記者発表会を開催した。大人気シリーズ機の4作目となる同機では、演出・映像・楽曲が一新されたほか、ART「バジリスクタイム」中の「争忍の刻」では3DCGによるダイナミックなバトル演出が展開される。

 

発表会冒頭では、同社マーケット戦略室の長谷川崇彦室長が登壇。「本作は新基準機仕様で満を持して発表させていただく機械。基本的なバトルはそのままに様々な新しい試みを取り入れている。特にバトルの勝ち負けと出玉がリンクする『自力感』にこだわった。ヒット作なので変えてはいけない部分を理解しながら、新たな試みを行っている。誰でも打てる、そんなに損をしない機械に仕上がっている」と挨拶。つづいて同室の山本学課長よりPV上映とゲーム性の説明が行われた。

 

「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ」は、BB‐ARTタイプ。ART「バジリスクタイム」は1ゲームあたりの純増枚数1.7枚、1セット約35ゲームの自力継続タイプ。BB「バジリスクチャンス」は平均獲得枚数約200枚。ART中の「争忍の刻」では、毎ゲーム成立役によって攻撃抽選を行う自力バトル方式に一新。新要素として、敵撃破時に得られる「無双ポイント」が勝利時の報酬に影響。大量ストックの契機となっている。

 

[2016年11月1日・日刊遊技情報]

 

株式会社ユニバーサルエンターテインメント

 

161101univ

今、読まれています!

1

『ビックマーチ東習志野店』 私が気になっているパチンコ店の一つ、それが千葉県習志野市に昨年末グランド ...

2

北電子は10日、同社の公式YouTubeチャンネルにおいて新機種「パチスロ ダンまち外伝 ソード・オ ...

3

『アクセス三宮』店舗外観(増床部分) 三宮エリア最大級のパチンコホールへ『アクセス三宮』 兵庫県や大 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島