×

関西遊商、救命救急講習会を実施

1

 

関西遊技機商業協同組合(関西遊商)は12月2日、大阪市浪速区の浪速消防署において第8回救命救急講習会を実施した。

 

2014年から継続実施している同講習会は今回で8回目を数え、累計114名が参加。講習会には23名が参加し、3グループに分かれて浪速消防署救急隊の指導のもと実際に遭遇した時、適切な応急手当をするにはどうするべきか、質問を交えながら講習を受けた。同組合では「人工呼吸や胸骨圧迫、AEDの取り扱いを含めた心肺蘇生などの知識と技術を学んでいただき、いつでも勇気をもって行えるようになれば。今後もより多くの方に受講してもらえるよう、活動を続けて行きたい」としている。

 

[2017年1月11日・日刊遊技情報]

 

関西遊技機商業協同組合(関西遊商)

 

170111kansai

今、読まれています!

1

国が推し進めるキャッシュレス決済の取組みや、マイナンバーカード普及に向けたマイナポイントの支給等によ ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島