×

アミューズメント産業事業協同組合、組合設立を発表

アミューズメント産業事業協同組合は23日、東京都台東区の岡田ビルにおいて、同組合の設立趣旨と活動内容を説明する記者会見を開催した。

 

同組合は2016年10月21日付けで経済産業省と警察庁から認可を受け、同年11月1日に設立。ホール経営企業を含むアミューズメント産業に関わる企業を対象組合員とし、連携の力で個々の企業の従業員満足度の向上等を目指す。

 

同組合の新井博貴代表理事は「我々の理念は『連携の力で新たな発展』。業界は縮小しており、今までは競争相手だった企業とも連携することで、新たな価値の発見ができるのではないだろうか。我々は、その部分でリーダーシップを発揮していきたい」との意気込みを語った。

 

加盟企業は2016年12月末時点で10社。今年末までに300社の加盟を目指す。

 

[2017年1月31日・日刊遊技情報]

 

アミューズメント産業事業協同組合

170131am

今、読まれています!

1

『ピータイムおもろ』 沖縄県にてパチンコホールを展開するピータイムグループ。経営店舗は主に「ピータイ ...

2

8月15日週はお盆休み中ということで新機種導入はなし。翌週も新機種は少ないので次回大型入替は9月上旬 ...

3

『MGM国領店』 東京都調布市にて新たなパチンコホール『メガガイア調布店』がグランドオープンを果たし ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島