パチンコ業界ニュース 業界団体

PCSA、公開経営勉強会を開催 ~テーマは依存問題

170224%ef%bd%90%ef%bd%83%ef%bd%93%ef%bd%81

 

PCSAは20日、東京都千代田区のTKPガーデンシティPREMIUM神保町において第15期第3回臨時社員総会と第59回PCSA公開経営勉強会を開催した。

 

総会の冒頭で挨拶に立った金本朝樹代表理事は「独立した第三者機関に業界の依存対策を評価してもらい、それらの評価を公表することで社会と行政の双方から認めてもらう形が望ましい」とPCSA独自の考えを示した。また「三店方式など細かい法律がパチンコ特別法を制定することでクリアになる。その法律を遵守することで、結果的に法律が我が業界の将来を守ってくれることになる」と、特別法制定の重要性を語った。

 

その後に行われた経営勉強会では、第1部でリカバリーサポート・ネットワーク(RSN)の西村直之代表理事が「IR推進法とパチンコの依存問題」をテーマに講演。依存問題では「社会の不安を今すぐ解消するために、国民目線で目に見える対策を実施すべき。これがパチンコを国民の娯楽に引き戻す最後のチャンスといえる」と警鐘を鳴らした。また第2部ではエンビズ総研の藤田宏社長が司会を務め、RSNの西村代表理事、国際研究カジノ研究所の木曽崇所長、セントラルカンパニーの力武一郎社長、JCMシステムズの吉村泰彦社長によるディスカッションを実施。その中で、木曽氏は「依存対策は世界有数の厳しい基準でもあるカジノがベンチマークとなっていく。業界がすべてをそこに合わせる必要はないが、施策や財源の拠出などで常に対応できる状態にしておかなければ、カジノとの比較で、厳しい対策を迫られる可能性がある」と注意を促した。

 

[2017年2月24日・日刊遊技情報]

 

パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)

 

170224pc

コメント (0)

編集部の注目記事

1

全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商、MIRAI、余暇進の業界8団体は18日、全国のパ ...

2

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.