×

日工組、4月から新台設置時に「くぎ確認シート」を使用

日本遊技機工業組合(日工組)は9日、ホール5団体に対して「流通制度における遊技くぎの点検確認について」を通達した。「製造業者遊技機流通健全化要綱」および「遊技機製造業者の業務委託に関する規程」の運用開始から1年。さらなる適切な新流通制度の運用を図るため4月1日以降に設置される新たなパチンコ遊技機から、新台設置確認及び部品交換時の点検確認を行う際に、遊技くぎの目視点検の補助として「くぎ確認シート」等の器具を使用するとした。

 

「くぎ確認シート」は、盤面にかざして遊技くぎの位置が確認できる透明シート。新台設置時に各メーカーから店舗に配布され、その後もホールが保管する。具体的な運用や取扱方法は、各メーカーから別途説明するとしている。

 

[2017年3月13日・日刊遊技情報]

 

日本遊技機工業組合(日工組)

170313nikko

今、読まれています!

1

『ピータイムおもろ』 沖縄県にてパチンコホールを展開するピータイムグループ。経営店舗は主に「ピータイ ...

2

8月15日週はお盆休み中ということで新機種導入はなし。翌週も新機種は少ないので次回大型入替は9月上旬 ...

3

『MGM国領店』 東京都調布市にて新たなパチンコホール『メガガイア調布店』がグランドオープンを果たし ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島