回胴遊商、ホール駐車場の巡回活動を実施

パチンコ業界ニュース, 業界団体回胴遊商, 回胴式遊技機商業協同組合, 幼児車内放置ゼロ

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)は5月1日から10月31日までの6カ月間、「幼児車内放置ゼロ」巡回活動の強化月間としてホール駐車場の巡回活動を実施することを発表した。

 

これは組合員各社に所属する社員が取引先のホールを訪問する際に駐車場を見回り、子供が車内に放置されていないか確認するというもの。なお7月1日から8月31日までの2カ月間は「特別強化月間」とし、到着した時と帰る時の計2回、駐車場内を一巡。巡回時には組合員が活動中であることを示すため、組合が制作したビブスを着用して行うとしている。

 

また、新たな取り組みとして同活動に関する啓発ポスターや、ポスターと連動したオリジナルLINEスタンプを制作。更なる活動の活性化を図る。

 

[2017年4月27日・日刊遊技情報]

 

回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)
170427k