フィールズ、2017年3月期決算を発表 ~最終赤字は約124億円

パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカーフィールズ, 決算短信

フィールズは9日、2017年3月期決算短信[日本基準](連結)を発表した。

 

2017年3月期通期の経営成績は、売上高766億6800万円(対前期増減率マイナス18.8%)、営業損失53億7400万円(前期営業利益14億1100万円)、経常損失90億6800万円(前期経常利益13億8000万円)、当期純損失124億8300万円(前期純利益1億1800万円)となった。

 

最終的に当期純損益約124億円という赤字を計上した理由として、主力のパチンコ・パチスロ分野で「検定機と性能の異なる可能性のある遊技機」の撤去問題や度重なる規制により、遊技機販売台数が大幅に減少。需要が見込まれる年末年始商戦に大型タイトルを集中させたほか、1月に販売した「CRぱちんこGANTZ」が導入直後より追加受注となったが、第4四半期に販売した一部パチスロタイトルの受注が伸び悩んだことで、トータルの販売台数が減少したことなどを挙げた。

 

また事業の選択と集中および経営の効率化により新たに特別損失7億円が発生し、個別の繰延税金資産の取り崩しにより法人税等調整額14億円も計上。さらに持分法適用関連会社ミズホ事業環境および同社の資産状態などを総合的に勘案した結果、同社に対する貸倒引当金および同社株式評価損など20億円を持分法投資損失として計上している。

 

同社の遊技機販売実績は、市場全体の販売台数が減少するなか、10ブランド15機種を販売。内訳はパチンコが15万5614台(前年同期比0.6万台減)、パチスロが8万7970台(同3.8万台減)となり合計は24万3584台(同4.5万台減)。販売台数1万台以上のタイトルは、累計でパチンコが「CR銀河機巧隊 マジェスティックプリンス」1万3000台、「CR鉄拳2 闘神Ver.」1万5000台、「CRヱヴァンゲリヲン10 SPEED IMPACT」1万2000台、「CRヱヴァンゲリヲン いま、目覚めの時」5万7000台、「CRぱちんこGANTZ」2万台。パチスロが「デビル メイ クライ クロス」1万5000台、「パチスロモンスターハンター恐竜戦線」3万7000台となっている。

 

また2018年3月期の見通しはパチンコ・パチスロ合わせて23機種+アルファとし、販売台数は27万台+アルファとした。

 

2018年3月期通期連結業績予想については、販売計画などに一部不確定要素があるため、幅のあるレンジでの開示となっており、売上高820億円~850億円(対前年同期比プラス7.0~10.9%)、営業利益10億円~20億円、経常利益0~20億円、当期純利益0~10億円とした。

 

[2017年5月17日・日刊遊技情報]

 

フィールズ株式会社

 

170517f