×

保通協、7月の型式試験実施状況を公表 ~適合数がともに30機種を割り込む

保安通信協会(保通協)は2017年7月の型式試験実施状況を1日付で公表した。

 

パチンコが結果書交付58件に対して適合25件、適合率(適合件数/結果書交付数)は43.1%。パチスロが結果書交付56件に対して適合27件、適合率は48.2%となった。パチンコ、パチスロともに適合率は上昇したものの適合数が減少し、両種別とも30機種を割り込んでいる。

 

また7月の受理件数はパチンコが前月比6件減の79件、パチスロが同1件増の80件となった。また先月、ともに最多となった取消件数はパチンコが7件、パチスロが0件となっている。

 

[2017年8月7日・日刊遊技情報]

 

保安通信協会(保通協)

 

170807h

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島