×

ユニバーサル、2017年12月期第1四半期決算短信を発表 ~約67億円の大幅な赤字

ユニバーサルエンターテインメントは7日、2017年12月期第1四半期決算短信[日本標準](連結)を発表した。

 

2017年第1四半期の業績(2017年4月1日~6月30日)は売上高109億8700万円(対前年同四半期増減率マイナス46.1%)、営業損益98億2800万円(前年同期は24億9300万円の営業利益)、経常損益98億500万円(前年同期は97億4200万円の経常利益)、親会社株主に帰属する四半期純損益67億8700万円(前年同期は68億9200万円の純利益)の大幅な減収減益となった。

 

パチスロ・パチンコ事業においては、期間中にパチスロで「SLOTアカギ 闇に降り立った天才」「SLOTギルティクラウン」の2機種、パチンコで「CRダーカーザンブラック 黒の契約者」「CRギルティクラウン」の2機種を新たに販売。しかし事業セグメント別の業績は売上高が69億9700万円(前年同期比マイナス64.3%)、営業損失が34億9200万円(前年同期は68億8100万円の営業利益)と振るわず、事業単体でも減収減益となった。

 

[2017年8月21日・日刊遊技情報]

 

株式会社ユニバーサルエンターテインメント

170821unv

今、読まれています!

1

藤商事は27日、パチンコ新機種「Pとある科学の超電磁砲 最強御坂ver.」(オレンジ製)の発売を発表 ...

2

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

3

オーイズミは23日、東京都千代田区秋葉原の「GRACE BALI秋葉原店」においてパチスロ新機種「パ ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島