パチンコ業界ニュース ホール

夢コーポレーション、全店舗に「自己申告プログラム」の導入と「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」の配置を予定

『夢屋』の屋号で愛知県を中心に展開する夢コーポレーション(愛知県豊橋市)は23日、依存問題対応の取り組みとして、6月より順次開始していた「自己申告プログラム」の導入および「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」の配置を全店舗拡大することを発表した。

 

同社は8月21日現在、『夢屋大牟田店』を含む8店舗に「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」を配置。今後は「全ての夢屋にアドバイザーが常駐している環境を整える」としている。また「自己申告プログラム」においても、8月21日時点で32店舗に導入済み。9月1日までには38店舗すべてに導入を完了する予定としている。なお会員管理システムが「自己申告プログラム」に未対応店舗は、同社独自の方法で対応している。

 

[2017年8月29日・日刊遊技情報]

 

夢コーポレーション

 

170829y

コメント (0)

編集部の注目記事

1

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

2

都内のパチンコホールでは緊急事態宣言が発令された8日より広告宣伝の自粛をはじめとした対応が始まってい ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, , , ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.