×

パチンコ依存問題研究会、遊技障害者数約40万人と推計

日工組社会安全研究財団内に設置された「パチンコ依存問題研究会」が24日、東京都千代田区隼町のグランドアーク半蔵門において「パチンコ・パチスロ遊技障害全国調査」調査報告会を開催した。

 

同調査は、研究会がいわゆる「パチンコ依存」のおそれがある人を測定するために作成した新しい尺度「パチンコ・パチスロ遊技障害尺度(PPDS)」を用いて実施。全国在住の18歳から79歳までの男女9000人(パチンコ・パチスロを遊技しない人も含む)を対象に調査を行い(有効回答数5060票)、その結果、約40万人にパチンコ・パチスロ遊技障害のおそれがあると推計した。

 

報告によると、「直近1年間でパチンコ・パチスロ遊技障害を有しているおそれがあると推測される人」は21人で、全回答者の0.4%。これを全国の成人人口に換算すると39万9799人と推計。また「直近あるいは生涯の特定の1年間においてパチンコ・パチスロ遊技障害を有している(有していた)おそれがあると推測される人」は47人で全回答者の0.9%。こちらは全国で89万4876人と推計される。

 

[2017年8月29日・日刊遊技情報]

 

日工組社会安全研究財団

 

170829%ef%bd%8e

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

「1週間シリーズ【完全ハズレ目に見えるリーチ目編(新ハナビ)】」より 今回紹介するのは「A PROJ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島