パチンコ業界ニュース 業界団体

PCSA、臨時社員総会開催 ~勉強会では規則改正対応のパネルディスカッションを実施

PCSAは8月24日、東京都千代田区神田錦町のTKPガーデンシティPREMIUM神保町において第16期第1回臨時社員総会および第61回PCSA経営勉強会を開催した。

 

総会の冒頭で挨拶に立った加藤英則代表理事は規則改正案について、「パブリックコメントの募集も終わり、落としどころを検討されているところだと思うが、原案通りならば間違いなく射幸性は落ちる。しかし、これはいま一度産業を発展させるチャンスが訪れているともいえる。前向きに捉えて、低射幸性をうまく生かしながら斜陽産業から脱出するための知恵を絞り合っていきたい」と述べた。

 

その後の審議報告では、正会員25社に実施したアンケート結果を元にした「PCSA DATABASE2017」を公表。データによるとパチンコホールの売上高は18兆7119億円、雇用人数は24万4364人、法人税納税額は724億円になると類推した。

 

続く経営勉強会では、「規則改正の概要と今後の遊技機」をテーマに、遊技産業未来研究所の中野忠文代表取締役が講演。中野氏は早い段階で長期稼動が見込める機種を揃えておく必要性を強調した。規則改正後の仮想スペックについては、独自に行ったシミュレーションによると「90年代の現金機に近いものになるのでは」と話した。また第2部では業界誌記者をパネラーに迎え、規則改正対応についてのパネルディスカッションが実施された。

 

[2017年9月1日・日刊遊技情報]

 

PCSA パチンコチェーンストア協会

 

170901p

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.