×

保通協、8月の型式試験実施状況を公表 ~香り放出機能は不適合に

保安通信教会(保通協)は2017年8月の型式試験実施状況を1日付で公表し
た。

 

統計資料ではパチンコが結果書交付78件に対して適合24件、適合率は30.
8%と今年最低値を更新した。一方パチスロは結果書交付63件に対して適合26
件、適合率は41.3%と今年2番目に高い適合率となった。

 

パチンコの不適合事例では、「遊技機前面の構造物から香りを放出する機能」に対
して「香りの元となる材料は芳香性能が低下することから、耐久性を有しない装置で
あり、また、部品の材質が温度または湿度の変化により変質する性能」との指摘が
あった。

 

また8月の受理件数はパチンコが前月比3件増の79件、パチスロが同8件増の8
5件とともに増加。パチスロは3月以来となる80件超えとなった。

 

[2017年9月12日・日刊遊技情報]

 

保安通信教会(保通協)
%e4%bf%9d%e9%80%9a%e5%8d%94web

今、読まれています!

1

愛知県春日井市にて営業してきたパチンコホール『コスモジャパン勝川店』を本年7月に真城グループが事業承 ...

2

「HEY!エリートサラリーマン鏡」(パオン・ディーピー) 次回入替は12月5日から。中旬導入も数があ ...

3

『ライオン八王子店』(※2022年5月撮影) 東京都八王子市にて営業中の低貸専門店『ライオン八王子店 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島