×

全日遊連、年内までに1万人のアドバイザー配置を目指す

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は15日、東京都港区新橋の第一ホテル東京において全国理事会を開催。理事会後に定例記者会見を行った。

 

理事会では全国都府県方面遊協に「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」の講習用DVDを配布。年内までに1店舗1名以上、全国で1万人を超えるアドバイザー配置を目指すとともに、今後は各遊協でアドバイザー講習会を開催していく方針が示された。

 

また会見では警察庁に提出した遊技機設置状況調査結果について問われ、現在は警察庁からの回答を待っている状況としている

 

[2017年9月19日・日刊遊技情報]

 

全日本遊技事業協同組合連合会

%e5%85%a8%e6%97%a5%e9%81%8a%e9%80%a3hp_r

 

今、読まれています!

1

「パチスロ ゼーガペイン2」(山佐ネクスト) 5月23日から導入となる新機種は「パチスロ ゼーガペイ ...

2

サミーは20日、新機種「パチスロRYUKYU BEAT-30」(ロデオ製)を発売すると発表した。パチ ...

3

「パチスロ ゼーガペイン2」(山佐ネクスト) 5月23日から導入となる新機種は「パチスロ ゼーガペイ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島