パチンコ業界ニュース 業界団体

全日遊連、10月末の加盟店舗実態調査を公表 ~前月に続き遊技機が1万台以上の減少

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は2017年10月末における「組合加盟店舗実態調査」の調査結果を公表した。

 

資料によると、営業店舗数は前月末比で32店舗少ない9742店舗。新規店舗数は4店舗(前月と同数)、廃業店舗数は35店舗(前月末比6店舗減)、休業店舗数は114店舗で、10月中に休業した店舗は15店舗となっている。

 

遊技機の設置台数ではパチンコが252万2003台(前月末比8594台減)、パチスロが154万8507台(同3286台減)で、総設置台数は406万613台(同1万1880台減)と2カ月連続で1万台以上の減少となった。

 

[2017年11月21日・日刊遊技情報]

 

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

 

171121z

コメント (0)

編集部の注目記事

1

全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商、MIRAI、余暇進の業界8団体は18日、全国のパ ...

2

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.