×

同友会、会員全店舗でパチスロ旧基準機の設置比率が30%以下に

日本遊技産業経営者同友会(同友会)は4日、会員企業に対して行った調査で2017年12月1日時点での新基準に該当しない回胴式遊技機設置比率が、会員全店舗30%以下であったことを発表した。

 

10月の理事会で当該遊技機が30%を超えている営業所があった場合は、その会員を資格停止とする処分を決議していた。今回の調査結果について同友会では「今後も社会からの要請や業界の取り決め事項に合わせ、積極的に取り組んでいくよう、会員企業へ周知徹底していく」としている。

 

[2017年12月12日・日刊遊技情報]

 

日本遊技産業経営者同友会(同友会)

 
171212d

今、読まれています!

1

『グランキコーナ泉佐野店』 昨年、大阪府下においてグランドオープンしたパチンコホールの中で最も注目を ...

2

新卒で大手パチンコホールに就職して4年が経過した。毎日の仕事が苦痛になった。将来のことを考えて転職す ...

3

東京都を中心にパチンコホールを店舗展開する日拓グループ(本社・東京都渋谷区)は、7月1日より予定され ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島