×

保通協、新規則対応機の型式試験がスタート

保安通信協会(保通協)は18日、新規則が施行される2月1日付の型式試験で、パチンコ機5機種、パチスロ機3機種が実施される予定であると発表した。抽選申し込みはパチンコ12件、パチスロ4件の計16件。

 

なお、旧規則に沿った保通協申請最終日の1月31日付け型式試験抽選申し込みは、パチンコ機58件、パチスロ機98件となっている。また新規則対応機の市場投入については、試験期間がこれまでとほぼ同条件で適合を得ることができると想定すると、夏前頃の販売が見込まれる。

 

[2018年1月23日・日刊遊技情報]

 

保安通信協会(保通協)

%e4%bf%9d%e9%80%9a%e5%8d%94

今、読まれています!

1

愛知県春日井市にて営業してきたパチンコホール『コスモジャパン勝川店』を本年7月に真城グループが事業承 ...

2

「HEY!エリートサラリーマン鏡」(パオン・ディーピー) 次回入替は12月5日から。中旬導入も数があ ...

3

『ライオン八王子店』(※2022年5月撮影) 東京都八王子市にて営業中の低貸専門店『ライオン八王子店 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島