グランドオープンレポート パチンコオープン情報 グランドオープン 山梨県 中部エリア

【グランドオープンレポート】マルハン甲府店(山梨県) ~遊技環境への配慮を最優先した広々とした店内

2019年12月20日、山梨県甲府市に新店『マルハン甲府店』がグランドオープンした。

マルハン319店舗目の出店となる同店は、ケイヨーデーツー(ホームセンター)跡地に建てられた新築店舗。遊技機設置台数は750台で、内訳は4.16円がパチンコ344台、1.04円がパチンコ120台、20.83円がパチスロ286台。編集部では2月8日に同店の稼働調査を実施した。

店内は1000台以上収納できそうな広さだが、台間、島通路などスペースをかなりゆったり取り、さらに各台には分煙ボードや肘置き(足元まで仕切られているタイプ)を設置するなど、設置台数よりも遊技環境への配慮を優先したように感じられた。

喫煙ルームは3か所。このうち1カ所は仕切りは無いが、紙巻タバコと加熱式タバコを分けるような新しいタイプの喫煙ルームを設置している。また、4月からの完全分煙化を見越し、各台に灰皿を置かず、自分で取ってくるスタイルを採用。

店内は多くの人で賑わっており、全体稼働率は約7割。ABCグループやニューアサヒグループがドミナント展開するエリアでの出店となっているが、調査店舗内では1番の稼働率だった。調査日が土曜日ということも差し引いても、かなり順調なグランドオープンだと言えるだろう。

同店を運営するのはパチンコホール企業大手のマルハン。同社は、1957年5月に名曲喫茶「るーちぇ」として創業。翌年の1958年4月に京都府峰山町でパチンコ第一号店となる「峰山カジノ店」オープン。2014年4月に300店目となる『赤塚店』をオープンした。

また、2019年12月5日に発表した2020年3月期中間期決算短信(連結)は、売上高は7763億6900万円(対前年同期比マイナス0.5%)、営業利益は257億8500万円(同プラス39.4%)、経常利益は261億1400万円(同プラス14.4%)、中間純利益は175億4800万円(同プラス12.8%)と、減収増益だった。

山梨県での出店は4店舗目となり、現在、『南アルプス店』(南アルプス市)、『韮崎店』(韮崎市)、『石和店』(笛吹市)が営業している。

店舗マルハン甲府店
日程2019年12月20日グランドオープン
住所山梨県甲府市国母8-20-10
検索google店舗検索
URLhttp://www.p-world.co.jp/yamanashi/maruhan-kofu.htm
備考※12/13~新規会員募集
コメント (0)

編集部の注目記事

1

今週の「設置台数を調べてみた」シリーズは、パチンコの新機能として注目が集まっている「遊タイム」搭載機 ...

2

9月12日にグランドオープンした『Super D’station上越店』 皆さん初めまして、って初め ...

3

日本遊技関連事業協会(日遊協)は24日、会員資格停止に関する規程について臨時総会において決議した事を ...

4

「年内撤去対象機」の撤去期限が来年1月11日まで延長に 21世紀会は旧規則機の取扱いに関する決議で、 ...

5

『ピーアーク北千住SSS』は本年6月6日のグランドオープン当時、業界内をにわかに騒がせた。加熱式たば ...

6

新台のPVやパチンコ店のアイドルスタッフが登場する動画などパチンコ・パチスロに関連する動画をまとめま ...

-グランドオープンレポート, パチンコオープン情報, グランドオープン, 山梨県, 中部エリア
-,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2020 All Rights Reserved.