×

今年4月グランドオープンしたパチンコ店『マルハン福井大和田店』、福井市内有数の高稼働店舗に躍進

『マルハン福井大和田店』店舗外観 パチンコホールを全国にチェーン展開するマルハングループは4月27日、福井県福井市に『マルハン福井大和田店』をグランドオープンさせた。 同店は、元『福井コロナ』跡地への居抜き出店となり、商業施設「フェアモール福井」の1階部分にテナントとして入居する。 総台数は617台(4円パチンコ343台、1円パチンコ72円、46枚パチスロ202台)の中規模店舗で、フロア内は加熱式たばこプレイエリアを完備していた。また、店舗入口や島端通路には一人専用喫煙ブースが大量に配置され、喫煙者にかな ...

ReadMore

シリーズ最高傑作が間もなく登場!パチンコ新機種「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱」の先行映像が公開

SANKYOは24日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱」の先行映像を公開した。 本機は、今もなお多くのファンに支持されているパチンコ「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズの最新作。「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」(2017年8月登場)、「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」(2020年4月登場)に続く、シリーズ3作目となる。 先行映像で映し出されている「時代はハイミドル・・・?だとしてもッ!」「199の金字塔がシリーズ最高傑作で登場!」との ...

ReadMore

期待枚数3000枚オーバーの「JOKERモード」搭載、サミーが新機種「パチスロペルソナ5」を発表

サミーは22日、新機種「パチスロペルソナ5」(ロデオ製)を発売すると発表した。 本機は、シリーズ累計1500万本を突破した人気ゲーム「ペルソナ」シリーズの最新作ナンバリングタイトルをモチーフとした6.5号機で、新機軸「A×AT+」タイプでの登場となる。 AT「TAKE YOUR HEART」はセット管理型で、純増約2.0枚、1セット30G+α継続。セットストック、ボーナス、ループストック、G数上乗せ、特化ゾーンといった実績のゲーム性を詰め込んだATとなっている。また、当選時の期待枚数3000枚オーバー(設 ...

ReadMore

シルエットの女性キャラクターは誰!?山佐ネクストがパチスロ新機種の予告動画を公開

山佐ネクストは21日、同社公式YouTubeチャンネルにて「まさかの電撃デビュー!?シルエットの彼女は誰だ!?」と題した動画を公開した。 動画は同社のパチスロ新機種の予告ムービーとなっているが、「電撃デビュー」「NEXT STAGE」といったコピーとともに、女性ディーラーのシルエットやルーレット・トランプが映し出されているだけで、具体的な機種名等は明かされていない。 また同日、7777円分のアマゾンギフトカードが10名に当たる「シルエットの彼女は誰だ!?クイズキャンペーン」をスタートさせた。応募方法は同社 ...

ReadMore

マルハンの2022年3月期決算、売上高は前期比プラス15%の1兆2709億円

ホール企業大手のマルハンは17日、2022年3月期の連結決算を発表。売上高1兆2709億5400万円(前期比プラス15.0%)、営業利益243億8900万円(同プラス81.9%)、経常利益306億8900万円(同プラス84.0%)、当期純利益145億200万円(同プラス138.2%)で増収増益となった。 セグメント別では、パチンコ事業が売上高1兆2111億7300万円、セグメント利益108億6900万円。金融事業が売上高325億5200万円、セグメント利益84億2500万円、ゴルフ事業・フードサービス業・ ...

ReadMore

仕事帰りの短時間でも勝負できる「超サラリーマン仕様」、藤商事がパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」をリリース

藤商事は17日、パチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」を発売すると発表した。また同日、機種サイトをオープンし、ゲームフローやスペックを公開している。 本機は、シリーズ累計約3000万部の発行部数を誇る本宮ひろ志原作の大人気マンガ「サラリーマン金太郎」とのタイアップパチンコ。スペックは、大当り確率1/319.6の1種2種混合タイプ。突入率80%×継続率約80%×最大約2400個ボーナスを誇る右打ち「金太郎CHANCE」を搭載し、高突入率・高継続率・スピーディーかつ爽快な出玉感で仕事帰りの短時間勝負にもぴった ...

ReadMore

パチンコ業界全体のまとまりを強みにした取組みに期待 日遊協・第33回通常総会における警察庁の小堀保安課長による行政講話(全文掲載)

日本遊技関連事業協会(日遊協)は14日、東京都新宿区のハイアットリージェンシー東京において第33回通常総会を開催した。その席上、警察庁生活安全局保安課の小堀龍一郎課長による行政講話が行われた。 小堀課長は、引き続きの感染防止対策を呼びかけたほか、旧規則機の計画撤去について「コロナ禍の厳しい状況の中、全国の店舗で円滑に遊技機の入替が進んだのは、貴協会を含め、各団体がまとまり、計画的な撤去に向けた取組を一丸となって進めてきた結果」との認識を示し、「今回の規則改正の施行では、新型コロナウイルス感染症という不測の ...

ReadMore

経営ホール数は63軒まで増加、閉店したばかりのパチンコ店『エルグラン日向店』がNEXUSグループの傘下に入る

宮崎県日向市にて営業してきたパチンコホール『エルグラン日向店』が閉店したのは2022年6月12日のこと。同店は「JR日向市駅」から3キロ弱ほど東側へ位置しており、総設置台数は779台の大型ホールであった。 なお、同店を運営してきた「ビープラス・グループ」は九州・沖縄地方を中心にパチンコホールを展開するチェーン企業だ。主に「エルグラン」の屋号にて7店舗を営業してきたが、その中でも『日向店』が最大規模を誇っていて名実ともに旗艦店舗と評せる存在だった。 故に、今回の閉鎖ニュースには驚かされたものであり、合わせて ...

ReadMore

「PIA」と「楽園」だけじゃない、千葉県柏市のパチンコ店『マルハン柏店』も高稼働を見せる

『マルハン柏店』 千葉県柏市のパチンコホールといえば、まずは「JR柏駅」周辺市場が真っ先に思い浮かぶことだろう。『PIA柏(本館&パチンコ館&スロット館)』と『楽園柏店』との熾烈な集客競争は今なお継続中である。規模の面でやや勝る「PIA」側が総集客数では一歩リードするも、稼働率ではほぼ互角。そんな状況が続いていた。 このように、とかく両店舗にスポットが当たりがちではあるが、近隣の郊外型ホールにも優良ホールは点在している。6月9日に市場視察した際には、中でも『マルハン柏店』が圧巻の稼働を見せていた。 『楽園 ...

ReadMore

「いくさの子」が初のパチンコ化へ、サミーが「サミー×いくさの子プロジェクト」のスペシャル映像を公開

サミーは6日、同社の公式YouTubeチャンネルにおいて「『サミー×いくさの子』プロジェクト スペシャル映像」と題した動画を公開した。 「いくさの子-織田三郎信長伝-」は、織田信長の青年時代を描いた原作・北原星望、作画・原哲夫のマンガ作品で、月刊コミックゼノン(発行・コアミックス)にて2010年より連載中。 映像では、「北斗の拳」、「蒼天の拳」に続く、Sammy×原哲夫第3弾となる開発プロジェクトとして「いくさの子」をモチーフとしたパチンコを開発することを明かしている。同作品のパチンコ化は初めて。 同社が ...

ReadMore

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島