×

【パチンコ経営企業分析】注目の新台「e Re:ゼロから始める異世界生活 season2」によりスマパチの導入進む ~2023年11月度の導入状況(パチンコ編)

今回は11月に導入されたパチンコ機について見ていく。

11月における導入台数上位5機種は下表の通り。

機種名 メーカー 導入数 発売時期
e Re:ゼロから始める異世界生活 season2 大都技研 14,691 2023年11月
P真・北斗無双 第4章 下剋上闘 サミー 6,265 2023年11月
eルパン三世 銭形からの招待状 平和 5,975 2023年11月
PFありふれた職業で世界最強 SANKYO 5,294 2023年11月
ぱちんこ 水戸黄門 超極上 京楽産業. 5,249 2023年11月

このように11月より導入開始となった機種で占められ、その中でも「e Re:ゼロから始める異世界生活 season2」の次位機種の倍以上の導入台数であった。同機種は中古取引でも高額で取引され、いまだ300万円以上の高値がついている。

その影響もありスマパチ設置台数は10月末と比較すると1万3000台ほど増加した。

一方で撤去機種は下表の通りとなった。

機種名 メーカー 台数
e花の慶次 裂 一刀両断 ニューギン ▲3,170
PF機動戦士ガンダムSEED SANKYO ▲2,996
ぱちんこ 新・必殺仕置人S 京楽産業. ▲2,115
P真・北斗無双 第4章 サミー ▲1,589
P牙狼GOLD IMPACT サンセイR&D ▲1,393

「PF機動戦士ガンダムSEED」「P真・北斗無双 第4章」「P牙狼GOLD IMPACT」の3機種は10月に続いて撤去上位機種に入った。それぞれ現在の設置台数は1万台を超えているものの、徐々に撤去が進んでいる様子が見られた。

11月は「e Re:ゼロから始める異世界生活 season2」が注目を集めた。しかしながら導入台数という観点で見るとそれほど多くなかったのも事実。さて、12月はどうなるだろうか。


コメント:2件 コメントを書く

  1. サントロペ横須賀がPIA横須賀に統合のため閉店
    PIA横須賀は12/19にリニューアルオープン

    パチンコ台減らすんだろうな

    0
    0
    • 通行人様
      情報提供ありがとうございました。

      0
      0

-パチンコ経営企業分析
-

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」