×

【パチンコ経営企業分析】『SUPER COSMO PREMIUM茨木インター店』(大阪府茨木市)が137台で最多、2023年11月度における店舗別新台導入状況

今回は2023年11月度における新台(※1)導入台数を店舗別に見ていく。

まず2023年の各月における新台導入台数は下表の通りとなる。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
全体 101,370 142,496 86,832 147,593 139,159 76,364
パチンコ 94,188 116,899 56,436 63,318 89,399 43,463
パチスロ 7,182 25,597 30,396 84,275 49,760 32,901
7月 8月 9月 10月 11月 合計
全体 142,228 107,516 114,048 97,160 88,533 1,243,299
パチンコ 80,765 76,502 63,063 65,127 32,356 781,516
パチスロ 61,463 31,014 50,985 32,033 56,177 461,783

11月の新台導入台数8万8533台は今年3番目に低い数値。なお、パチンコは10月の半分以下で今年で最も少なかった。

それでは店舗別に新台導入台数を見ていくとどうだろう。

まず、11月度における新台導入台数上位店舗は下表の通りとなる。

11月度新台導入台数上位店舗
店舗名 総台数 導入数 P導入数 S導入数
SUPER COSMO PREMIUM茨木インター店 1,300 137 68 69
グランキコーナ堺店 1,817 135 64 71
パールショップともえセンター南店 1,644 135 56 79
ビッグアップル.秋葉原店 848 132 23 109
エスパス日拓新宿歌舞伎町店 1,691 131 70 61
エスパス日拓秋葉原駅前店 811 130 31 99
SUPER CONCORDE 1,380 127 60 67
パラッツォ鳩ヶ谷店 2,032 125 42 83
キング観光サウザンド名古屋駅柳橋店 1,515 124 57 67
SUPER COSMO PREMIUM大東店 1,263 123 73 50

※導入数上位50位までのリストはこちら

このように、11月は前述の通りパチンコが少なかったこともあり、ほとんどの店舗がパチスロの新台導入台数のほうが多くなっている。

比率となるとどうだろうか。11月度における新台導入比率の上位店舗は下表の通りとなる。

新台導入比率上位店舗
店舗名 総台数 導入数 導入率
WEST END 202 42 20.8%
エスパス日拓秋葉原駅前店 811 130 16.0%
ユーコーラッキー長崎駅前店 456 73 16.0%
カレイド新宿店 460 72 15.7%
ビッグアップル.秋葉原店 848 132 15.6%
スマートプレゴ池袋 195 30 15.4%
PREST平間店Ⅱ 144 22 15.3%
AIS昭島店 278 40 14.4%
ミュー川口芝店 555 79 14.2%
練馬オーシャンスロット専門館 190 26 13.7%

このように小型店ながらも積極的に新台を導入している『WEST END』が、唯一20%を超えていて圧倒的であった。

導入比率なので小型店舗が中心になる中で、東京都千代田区の秋葉原駅前で営業している『エスパス日拓秋葉原駅前店』『ビッグアップル.秋葉原店』の2店舗が、導入数だけでなく導入率でもトップ10に入っていた。

11月のパチスロにおいて最も導入台数が多かったのが、「スマスロ劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語/[後編]永遠の物語f‐フォルテ‐」であったことから、秋葉原という場所の特性が強く出た結果だろう。

11月における新台の導入状況は比較的おとなしかったが、年末を迎える12月はどのような結果になるだろうか。また、年間で最も新台導入台数が多い店舗はどの店舗になるのか気になるところだ。

※1:新台は発売から4週以内に導入されたもののみとする


コメント:1件 コメントを書く

  1. このデータ本当に正しいのですか?
    たとえば日光大分中央の11月パチンコ新台18台とありますが、リゼロ2だけで22台入れてます。

    3
    0

-パチンコ経営企業分析
-

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」