×

【パチンコ経営企業分析】「S」ランク店舗比率トップは前回に続いて「岡山県」 ~2023年11月度の新台導入評価(パチンコ編)

直近のパチンコ新台導入評価(2023年6月~2023年11月の6カ月間の評価)を元に考察を行っていく。

上位500店舗が該当する「S」評価店舗数が20店舗以上ある都道府県は下表の通りとなる。

都道府県 店舗数 S店舗 P前月 差分
東京都 472 58 55 +3
大阪府 435 43 42 +1
神奈川県 317 38 40 ▲2
愛知県 344 37 41 ▲4
福岡県 243 31 34 ▲3
千葉県 255 31 30 +1
埼玉県 287 25 26 ▲1

前回集計時と比較すると、「S」ランク店舗数が20店舗以上ある都道府県は前回集計時と同じで、「東京都」と「大阪府」が前回同様1、2位であった。

またこの2都府は前回よりも「S」ランク店舗数は増加したものの、3~5位の3県においては前回よりも減少してしまったため、「S」ランク店舗数の差が開いていた。

その他10店舗以上ある都道府県を見ていくと、静岡県(16店舗)、岡山県14店舗、長崎県(12店舗)、熊本県・福島県(以上11店舗)、宮城県・茨城県(以上10店舗)となっており、前回10店舗だった「宮崎県」は8店舗となり10店舗を下回った。その他、1店舗も該当しない県は前回より1県減って2県となった。

次に、「S」ランク店舗の比率が高い都道府県について見ていく。

比率が10%を超えている都道府県は下表の通りとなる。

都道府県 店舗数 S比率 前回比率
岡山県 90 15.6% 14.1%
長崎県 93 12.9% 11.7%
福岡県 243 12.8% 13.8%
東京都 472 12.3% 11.6%
千葉県 255 12.2% 11.7%
神奈川県 317 12.0% 12.5%
愛知県 344 10.8% 11.9%
熊本県 105 10.5% 11.5%
宮崎県 77 10.4% 12.8%
大分県 87 10.3% 10.1%

このように今回の集計データにおいても「岡山県」の「S」ランク店舗比率が最も高かった。また次位には前回5位だった「長崎県」が浮上した。また「S」ランク店舗数で2位の「大阪府」は9.9%と10%を下回っていた。

首都圏が上位を占める中、「長崎県」の「S」ランク店舗比率が高かったのが特徴的であった。

半年間の集計結果であるので、急激な変化が起こる可能性は低いのだが、次回にはまた違った動きがみられるのだろうか。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ経営企業分析
-

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」