×

【パチンコ経営企業分析】「ユーコーグループ」「日光商事グループ」など通常貸玉ではスマスロ比率が50%近いグループも、経営グループ別スマスロ設置状況

前回スマート遊技機の設置状況について見ていったが、今回はスマートパチスロ(スマスロ)の設置状況を経営グループ別に見ていく。

まず、スマスロ設置台数が多い経営グループは下表の通り。

グループ名 店舗数 設置台数 設置比率
マルハングループ 311 26,445 32.1%
ダイナムグループ 436 17,871 25.2%
アンダーツリーグループ 138 8,939 29.3%
NEXUSグループ 67 7,669 32.0%
延田エンタープライズグループ 63 6,423 33.1%
ガイアグループ 82 5,576 19.4%
タイラベストビートグループ 38 4,028 35.0%
キング観光グループ 25 3,692 37.1%
カクタグループ 27 3,551 42.9%
浜友グループ 25 3,489 31.2%

このように、設置台数で見ているので経営店舗数の多いグループが上位に来るのだが、設置比率を見ていくと20%未満の「ガイアグループ」から約40%の「カクタグループ」までその差は大きい。

また、全店舗におけるスマスロの導入比率は27.3%であり、これを下回っていたのは「ダイナムグループ」と「ガイアグループ」であった。

それでは次に設置比率で見ていくが、通常貸玉と低貸玉それぞれに分けて下表に記していく。

通常貸玉スマスロ設置比率上位グループ
グループ名 店舗数 設置台数 設置比率
全体 6,600 311,147 29.8%
ユーコーグループ 23 2,943 49.8%
日光商事グループ 18 3.256 49.3%
晃商グループ 16 1,383 47.0%
オーシャングループ 5 271 46.9%
安田屋グループ 21 1,646 46.2%
オフィスボストングループ 6 473 45.3%
ピーアークグループ 20 2,062 44.7%
ジョイパックレジャーグループ 10 930 43.7%
山形屋興業グループ 8 490 43.5%
王蔵グループ 11 996 43.3%

※経営店舗数5店舗以上のグループが対象
※経営店舗数はパチンコ専門店、低貸玉専門店も含む

低貸玉スマスロ設置比率上位グループ
グループ名 店舗数 設置台数 設置比率
全体 6,600 39,742 16.3%
湖北台産業グループ 11 124 52.3%
平和観光グループ 7 457 44.6%
大國技研グループ 8 142 41.2%
イクティスグループ 18 391 40.9%
タツミコーポレーショングループ 19 151 39.6%
マタハリーグループ 26 253 39.2%
OPUSグループ 7 70 38.7%
シリウスグループ 21 362 38.6%
アキヤマグループ 5 25 37.3%
日光商事グループ 18 213 37.2%

※経営店舗数5店舗以上のグループが対象
※経営店舗数はパチンコ専門店、通常貸玉専門店も含む

このように通常貸玉に限ってみれば、「ユーコーグループ」と「日光商事グループ」ではほぼ半数がスマスロとなっている。また、低貸玉においては「湖北台産業グループ」が設置比率50%を超えていた。

全体の設置比率においては、通常貸玉が29.8%、低貸玉が16.3%であることから、上表に記載されているグループはスマスロに注力していると言えよう。

ちなみに2カ月前にも同じような集計を行っている。当時と比較してみるのもいいだろう。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ経営企業分析
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」