×

【パチンコ経営企業分析】昨年10月~12月の新台導入台数は激減、前年同時期の約1/10に ~「ガイアグループ」の店舗数・台数推移

今回は昨年民事再生法の適用を申請した「ガイアグループ」の店舗数・台数推移をみていく。

「ガイアグループ」は現在82店舗運営しているが、2023年末と2022年末の店舗数を比較をすると19店舗減少している。詳細は下表の通り。

ガイアグループ店舗数推移
23/12 22/12 差分 増加 減少
店舗数 82 101 ▲19 0 19

※増加は「新店」・「長期休業明けリニューアルオープン」・「事業継承による取得した店舗」を含む
※減少は「閉店」だけでなく、「休業中」・「改装中」に変更した店舗を含む

ガイアグループ台数推移
23/12 22/12 差分 比率
P通常貸玉 16,929 23,806 ▲6,877 71.1%
P低貸玉 10,333 9,903 +430 104.3%
S通常貸玉 24,832 32,745 ▲7,913 75.8%
S低貸玉 3,892 2,047 +1,845 190.1%
全体 55,986 68,501 ▲12,515 81.7%

※設置台数は公開されている貸玉別の台数の合計値

このように、店舗数・設置台数ともに大幅に減少しているのだが、これは昨年に限ったことではなく、店舗数は3年前の2020年12月時点では134店舗であり、ここと比較すると52店舗(61.1%減)の減少となる。

また新台(※)に関しても、民事再生法の申請を行った10月以降、当然ながら導入頻度が下がり、2022年より大きく減少した。

ガイアグループ新台導入推移
23/12 22/12 差分
パチンコ 12,272 22,050 ▲9,778
パチスロ 8,824 15,004 ▲6,180
全体 21,096 37,054 ▲15,958

※新台は導入日から4週以内に導入したもののみとする

特に、10月~12月までの3カ月間の導入台数は激減し、2022年同時期と比較すると約1/10となっていた。

その結果、直近における新台導入評価(2023年7月~2023年12月の6カ月間の評価)は、下表の通り上位2ランクにあたる「S」「A」ランクの店舗数は少なく、1年前の同時期と比較するとその差は顕著である。

ガイアグループ新台導入評価
パチンコ パチスロ
2023年 1 4 0 4
2022年 25 14 11 14

※2023年、2022年ともに集計期間は7月~12月

次に、資産価値額を見ていくと、2022年12月時点ではパチンコ・パチスロともに平均値を上回っていたが、2023年12月時点ではともに平均値を下回る結果となった。

2022年ガイアグループ資産価値
パチンコ パチスロ
ガイアグループ 244,721 420,631
平均 185,151 372,604
差分 +59,570 +48,027
2023年ガイアグループ資産価値
パチンコ パチスロ
ガイアグループ 144,175 199,903
平均 191,375 283,983
差分 ▲47,200 ▲84,079

今後どのような形で進んでいくのかわからないが、減少傾向とはいうものの店舗数は第4位、設置台数は第5位の経営グループであるので、引き続き注視していきたい。


コメント:4件 コメントを書く

  1. なかなかしぶといな。借金踏み倒されても困るし、しばらくは延命か。経営が良くても悪くてもスロットはほぼオール設定12の店に客は来るか?笑

    7
    2
  2. 目出鯛ね〜!

    6
    5

-パチンコ経営企業分析
-

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」