×

【パチンコ経営企業分析】通常貸玉におけるパチンコとパチスロの設置台数がついに逆転

通常貸玉における設置台数において、ついにパチスロがパチンコを上回った。今回は台数の推移を改めて見ていきたい。

まず、2023年の通常貸玉におけるパチンコ・パチスロ別の設置台数の推移は下記の通り。12月に入り急激にその差が縮まっていった。

月別通常貸玉台数推移
パチンコ パチスロ 差分(PーS)
台数 前月差 台数 前月差
1月 1,124,169 1,029,120 +95,049
2月 1,120,742 ▲3,427 1,025,250 ▲3,870 +95,492
3月 1,112,068 ▲8,674 1,017,337 ▲7,913 +94,731
4月 1,106,060 ▲6,008 1,031,825 +14,188 +74,235
5月 1,100,544 ▲5,516 1,035,005 +3,180 +65,539
6月 1,095,836 ▲4,708 1,033,807 ▲1,198 +62,029
7月 1,089,111 ▲6,725 1,040,319 +6,512 +48,792
8月 1,080,019 ▲9,092 1,045,793 +5,474 +34,226
9月 1,074,963 ▲5,056 1,043,683 ▲2,110 +31,339
10月 1,068,463 ▲6,500 1,041,669 ▲2,014 +26,794
11月 1,060,686 ▲7,777 1,039,982 ▲1,687 +20,704
12月 1,058,441 ▲2,245 1,053,485 +13,503 +4,956

これを11月末週から、直近の集計まで週ごとに見ていくとこのようになる。

週別通常貸玉台数推移
パチンコ パチスロ 差分(PーS)
台数 前週差 台数 前週差
11/27週 1,060,686 1,039,982 +20,704
12/4週 1,056,102 ▲4,584 1,037,130 ▲2,852 +18,972
12/11週 1,054,102 ▲2,000 1,044,491 +7,361 +9,611
12/18週 1,051,979 ▲2,123 1,042,824 ▲1,667 +9,155
12/25週 1,058,441 +6,462 1,053,485 +10,661 +4,956
1/8週 1,057,452 ▲989 1,054,627 +1,142 +2,825
1/15週 1,057,435 ▲17 1,056,168 +1,541 +1,267
1/22週 1,054,917 ▲2,518 1,055,016 ▲1,152 ▲99

このように年末週では、グランドオープンした店舗が多数あったため、パチンコ通常貸玉の設置台数も増加したのだが、パチスロ通常貸玉の設置台数はそれ以上に増加している。そして直近の集計データでついに設置台数が逆転した。

ちなみに、貸玉問わずパチンコ・パチスロ別に前月と比較して10台以上増台(減台)した店舗数を見ていくと、明らかにパチンコからパチスロへ変更する流れが衰えることなく加速している。

10台以上増減台店舗数
増台 減台
P S P S
23年8月 23 337 215 13
23年9月 9 81 46 11
23年10月 11 84 59 7
23年11月 16 193 132 12
23年12月 23 184 139 14
24年1月 28 115 86 9

本年3月から導入が開始されるラッキートリガー搭載機はパチンコの起爆剤となるのだろうか、それともこの傾向が今後も進んでいくのだろうか。


コメント:1件 コメントを書く

  1. なお設置台数は下がり続けている模様
    パチ屋の貯金箱ほど無駄なものはないので両方とも消えてどうぞ

    2
    1

-パチンコ経営企業分析
-

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」