×

【パチンコ経営企業分析】昨年1年間で設置台数500台以上のパチンコ店は増加している ~店舗数・台数推移(2024年1月期)

2024年になり早くも1カ月が経過したが、昨年1月末および昨年12月末と1月末時点を比較して、店舗数・台数推移を見ていく。

まずは、この1カ月間における店舗数の推移を見ていくと52店舗減少した。台数はパチスロが1671台の減少にとどまっていたものの、パチンコが1万4750台と大幅に減少した結果、全体でも1万6221台昨年12月末より減少していた。

年月 店舗数 P台数 S台数 総台数
2024年1月 6,677 2,064,417 1,353,239 3,417,656
2023年12月 6,729 2,079,167 1,354,910 3,433,877
差分 ▲52 ▲14,750 ▲1,671 ▲16,221

※なお、2020年1月からの月間店舗数・台数推移はこちらにて掲載

また1年前と比較すると、

年月 店舗数 P台数 S台数 総台数
2024年1月 6,677 2,064,417 1,353,239 3,417,656
2023年1月 7,152 2,191,717 1,347,785 3,539,606
差分 ▲475 ▲127,300 +5,454 ▲121,950

このように、設置台数においてパチスロは増加していたのだが、パチンコの減少スピードが非常に大きいことが見られる。

それでは、少し違った視点で見ていこうと思う。

設置台数別の店舗数の推移は下表の通り。

2024年1月 2023年1月 差分
平均設置台数 511.9台 494.9台 +17.0台
設 置 台 数 300台未満 1,389店舗 1,636店舗 ▲247店舗
300台~500台未満 2,623店舗 2,342店舗 ▲281店舗
500台~1,000台未満 2,506店舗 2,482店舗 +24店舗
1,000台以上 440店舗 411店舗 +29店舗

このようにこの1年間を比較すると減少しているのは500台未満の店舗で、それより大きい店舗は増加しており、特に1000台以上の超大型店舗は29店舗も増加していた。

その結果、1店舗あたりの平均設置台数は昨年より17.0台増加し、511.9台と500台以上となっていた。

ちなみに1000台以上の超大型店舗を10店舗以上運営している経営グループは13グループあり、そのうち「マルハングループ」と「NEXUSグループ」は20店舗以上運営していた。

小型店舗にはますます厳しい状況が続いていくのだろう。


コメント:2件 コメントを書く

  1. この記事のデータの信憑性がどの程度のものかは分からないけど、平均設置台数はもう500台を超えたのか〜

    3
    0
  2. で、また短期間の急な規則変更くらってその台数全部入替やらされてそれまでの利益で採算取れない大赤字出すんだろ

    0
    0

-パチンコ経営企業分析
-

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」