×

情報島ブログ 競馬ネタ

【ヒロシの競馬ネタ】一口馬主とは

ヒロシです。ツイッターの自己紹介にも書きましたが、昔から一口馬主を通じて競馬と関わっていたため、こちらで「競馬ネタ」のコーナーを持つことになりました。

昨今は「ウマ娘」の影響などもあり、一口馬主に興味のある方が多いようなので、少しづつですが触れたいと思います。

一口馬主とは

東京サラブレッドクラブホームページ

東京サラブレッドクラブホームページ

1頭の競走馬を小口(主に40~2000口程度)に分割して出資すること。個人で馬主になるためには、所得額や資産など高いハードルが存在しますが、クラブ法人を通して間接的に出資することで、馬主気分を味わうことができるシステムです。

全国のクラブ法人を合わせた総会員数は5万人程度と言われてます。「ウマ娘」など人気ゲームの影響から若い世代の競馬ファンが増えており、こういった一口馬主に参加する方も増えているようです。

費用感など

総額1000万円の馬に400分の1で出資する場合、1口当たり2万5千円が必要となります。こう見るとかなり敷居は低いですが、これ以外に、クラブ会費(月額3000円前後)や競走馬の維持費(月額60万円前後、一口当たり1500円)などが毎月必要です。ただ、出資という形態となるため、レースに出走した際は賞金の8割や出走手当などが口数に応じて分配されます。

例えば、毎月何らかのレースに出走して好成績を収めていれば、こういった維持費はペイできます。ただ、馬の体調や成績によってはコンスタントにレースを使うことは難しいですし、いわゆる休養中なども維持費が発生するので、収支ベースで見るとマイナスになることが多いです。あくまでも、その馬を応援したいといった趣味嗜好や馬主体験をしたい(口取り式に参加)といった方が多く参加しています。

会員の特典

クラブ法人によって様々ですが、馬名の命名権(抽選)、デビュー時の写真送付、近況報告(週1回など)、会報誌の送付、口取り式の参加や馬主席の招待(抽選)、優勝賞品(メダル、トロフィーの購入権利)、クラブ懇親会の参加などがあります。

口取り式の場合ですと、出資馬のレース出走が決まった段階で口取り式参加の申し込みがあり、そこから定員数(重賞の場合は多め)が選ばれて参加できる権利を持つことができます。ただ、レースで1着にならないとそもそも口取り式が発生しないため、参加できるハードルは更に高くなります。

出資馬の紹介

ルージュメサージュ(画・えすもと@情報島の島民)

ルージュメサージュ(画・えすもと@情報島の島民)

先週、3歳未勝利戦(小倉・芝2000)に出走したルージュメサージュ(3歳・牝)という出資馬が1着となりました。時期が時期だけに、私も含めて同じ馬に出資している方はかなり嬉しかったと思います。

この時期の話をしますと、競走馬のデビュー戦(新馬戦)は2歳6月から始まっており、未勝利戦は3歳8月(今年は9月第1週)まで行われます。この期間までに1勝しておかないと、今後出るレースが無くなって引退を余儀なくされます。(地方へ行って再起を図ったり、クラブ法人によって対応は様々)

一般の方は、テレビによく出るような有力馬に目が行きがちですが、一口馬主を通して分かることは、競走馬の1勝がどれだけ難しいかということに尽きるのではないでしょうか。そもそも、脚部不安などの理由から、デビューすらできない馬もいるんです。そういった新しい視点に気づけることも、またこの趣味の良いところだと感じています。

今回取り上げたルージュメサージュという馬は、お父さんがスピルバーグ(天皇賞秋勝ち馬)という馬で、血統的に晩成傾向(歳を重ねる毎に活躍する)があると思ってますので、これから末永く活躍してくれるのではないかと期待しております。レース後の体調もよく、続戦のようなので、また機会があれば取り上げたいと思います。

おすすめサイト

一口馬主DB…出資馬の登録やレース結果、収支状況まで、一口馬主をしてる方のほとんどが利用されてると思います。

netkeiba.com…競馬ファンのための総合サイト。各馬の掲示板など情報交換も盛んに行われてます。

ヒロシです。@情報島競馬部(@johojima_keiba

コメント (0)

編集部ピックアップ

1

「PF 機動戦士ガンダムユニコーン」©創通・サンライズ 弊社が独自に集計したデータベースを元に、パチ ...

-情報島ブログ, 競馬ネタ
-

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.