×

出揃いつつある各社のパチスロ6.5号機、スペックは想定通りで驚きなく【パチンコ依存者Yの新台論評】

一番最初にリリースされた6.5号機「Sキャッツ・アイ」(平和)

次回の新台入替はGW明け。新機種が盛り上がっていない以上、ホールも定番の主力機に注力してくるので読みやすくはある。しかし、とっくに飽きるほど打った機械ばかりだろうし、回らなければ話にならない。旧規則機撤去後とはいえ去年のGWよりは業況はプラスかなと予想しているが、そこまで派手に伸びることもはないはず。

この先の機械を見ていくと、6月以降パチスロは各社6.5号機がひとまず出揃いそう。問題はスペックだが、純増低めのA+ARTか、疑似ボによるATか。現状発表されている機械は想定通りのスペックで驚きはない。型式試験の適合率を考えると、ひとまず差枚数によって2400枚オーバーを比較的出しやすい低純増タイプが多くを占めることにはなるだろう。

パチンコもスペックは頭打ち。時速か一撃出玉か、派手にアピール出来る要素を入れて、あとは数撃ちゃ当たる作戦で。ホール側としては新台よりも主力機再販のほうが欲しいが、欲しいから別の機械がたくさん導入される。再販しすぎてもその後入替してくれなくなるからメーカー側もバランスは難しい。

で、結局GWは何を打てばいいのか?どうせ「エヴァ」、「Re:ゼロ」が埋まって残りが「ユニコーン」。スロも「番長」と「マイジャグⅤ」でいつも通り。人に聞かれたときは「どうしても打ちたいならパチンコはヤメてスロにしろ」と負けない為のアドバイスをするが、自分はホールに行くと結局パチンコを打っている。だってパチスロは面白い機械も打ちたい機械もないし……。パチンコも別に面白くはないが今日こそは勝てるなって思わせる不健全さが卑怯。

©北条司/コアミックス 1981 版権許諾証YML-035


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:85件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『キコーナ吹田店』 近年のパチンコ業界において躍進を続けてきたアンダーツリーグループ(キコーナ)。全 ...

2

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

3

パチスロ6.5号機の第一陣として注目が集まる「Sキャッツ・アイ」(平和) 次の新台入替は6月6日から ...

-コラム
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島