×

【編集部コラム】「パチスロ犬夜叉」の中古価格100万円超え、6.5号機の第2陣は軒並み高評価

7月4日より導入が開始されたパチスロ6.5号機の”第2陣”が好調だ。編集部では中古遊技機の流通状況・取引価格を毎週調査しているが、その数値からも好調ぶりが見て取れる。

7月10日集計時点の各機種の中古価格を見ていくと、「パチスロ アクエリオン ALL STARS」が約90万円、「パチスロ甲鉄城のカバネリ」が約60万円。集計時点ではまだ取引がほとんどなかった「パチスロ犬夜叉」についても、最新データでは100万円オーバーといずれも高評価となっている。

出玉上限が差枚数管理となって、その恩恵を活かしやすい高純増かつ荒れる機械が一気に投入されたことで、各機の爆発力に注目が集まっているようだ。特に「犬夜叉」は3機種の中でも爆発力が高いという点でユーザーに好まれながらも、パチンコホールにとっても利益を確保できる機械となっているため現状の評価は最も高い。ただし、現状の稼働はスペックの詳細が出ていない段階のものであり、既に吸い込みのきつさや差枚数化によるヤメ時の難しさ、ハイエナ圧倒的有利のシステムといった不安要素も存在する。ユーザー側の知識が更新されても稼働を維持できるかがポイントとなるだろう。

また、6.5号機以外の新機種では「ニューゲッターマウス」が中古価格53万円からのスタート。最新データではやや下落傾向が見られるものの、6.5号機の新機種に話題をさらわれていることを考えると悪くない稼働状況となっており、細く長く稼働しそうである。

来週19日からはいよいよ人気タイトル「パチスロ鉄拳5」が、そして8月には個人的に注目している「パチスロ 新鬼武者2」の導入が控えている。今年のお盆休みはパチンコホールに行く回数が増えそうだ。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:2件 コメントを書く

  1. 100蔓延で買う店があるってことは100蔓延を回収しなくちゃならないってことですよね?回収回収大回収の無限ループですか、天井はありますか?

    11
    6
    • よくわかっていらっしゃる。
      慈善事業では無いですから、利益をあげるのは当たり前ですが。
      寺井一択呼んでうしとら設定L、グランドオープン?リニューアルオープンで共鳴全台設定Lなど。
      遊ばせる気すらないどころか、穴の毛まで毟ろうと本気で来ますよ。

      8
      1

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-コラム
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島