×

9月5日導入の新台「何を打つか迷うがこれといった目玉もないラインナップ」、スマスロはスペック・ゲーム性に期待【パチンコ依存者Yの新台論評】

「パチスロペルソナ5」(サミー)

9月5日からの導入はパチンコ10機種にパチスロ6機種。何を打つか迷うがこれといった目玉もないラインナップ。これだけ機種数があるのにパチンコはミドルタイプが「P犬夜叉2」か「P銭形平次3」の2機種というのもバランスが悪い。代わりに10月以降は話題機が固まっていたりともう少し導入日をズラして欲しかった。

パチスロ側はATタイプだと「パチスロペルソナ5」が若干抜けて最多の見込み。最近のパチスロはサミー機のヒット率が高いが続けるのか。ゲーム性は低純増A+ATでセットストックを積んで伸ばすのがメイン。既存6.5号機と比較して初当りは早そうなスペックだがその分爆発力は劣りそうなのが不安要素だ。

「スーパーリオエース」と「ボンバーガール」の販売予定台数は横並び。久々のリオか、ゲーセンでは大人気のボンバーガールか、選択は難しいがシリーズ機の実績があるリオを選ぶホールのほうが多いだろう。複雑だが昔ながらのATタイプのようなリオに対してボンバーガールはパチンコの2段階STタイプみたいなゲーム性。「ペルソナ5」含め、6.5号機仕様になったことで有利区間を特に気にせずじっくり遊べそうなスペックと5号機中後期のような状況に戻っている気がする。

その他では「CREA Newクレアの秘宝伝」が9月のパチスロで最多の見込み。個人的にはRTよりも純Aタイプのほうが好きなので選択肢に入る1台。問題点は同日から始まるレンタル版「Re:ゼロ 鬼がかりver.」の導入。「政宗 戦極」が6.5号機最多の1万5000台オーバーとなって中古価格が早々に崩壊しているうえに本来回収に時間のかかるAタイプで過剰導入が確実。まあレンタル価格が気持ちマシになった「Re:ゼロ」が全部なんとかしてくれることに期待するしかない。

また先日ちょうどスマスロ導入日確定のお知らせが出た。徐々にスペックも明らかになってくるだろうが本当にそんな無茶苦茶なスペックなの?という機械もあるとかないとか。機種名だけ出されても盛り上がりどころが無いラインナップなだけにスペックやゲーム性に期待したい。なお型式名が「S」ではなく「L」で始まるのがスマスロだ。メダルレスの「レス」だよと聞いたが本当かどうかは知らない。

©ATLUS ©SEGA ALL rights reserved. ©Sammy


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:2件 コメントを書く

  1. 目玉がないから迷うんじゃないの?

    2
    0
    • ブッ

      0
      0

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-新台, コラム
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島