×

9月上旬導入の新機種はなんとも言えない盛り上がり具合、パチンコの導入数トップ「シンフォギア3」は少々多すぎる印象【パチンコ依存者Yの新台論評】

「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱」(SANKYO)

次回入替は祝日明けの9月20日から。まとまった台数が導入されそうなのは「パチスロBOOWY」のみとなっている。なお名古屋の大一直営店では先行稼働しているようだ。スペックなんかはさておき情報が出た頃、業界内では割と人気というか注目度の高かった一台。おそらく世代の関係だろう。自分は曲をいくつか知っているくらいなので軽々にコメント出来ない。

9月上旬導入機種はなんとも言えない盛り上がり具合。「シンフォギア3」は初週時点で約2万台が導入されており、予定通りとはいえ少々多すぎる。遅れて追加導入というパターンもあるのでやはり予定より増えるのか?現段階でも席に余裕があるので機械自体の評価は良くても扱いが辛くならないか心配。

扱いの話だとパチスロは6.5号機を抑えて「CREA Newクレアの秘宝伝」が導入数トップ。悲しい稼働状況で早々に低貸玉行きという店舗も多いが先日行った店舗では新台のポップすらなく置かれていた。下手に頑張るよりはデータをより低く出して販売方法に圧力をかけて行くスタイルとなかなかに知的だなと感心させられた。

他パチスロは「パチスロペルソナ5」が他6.5号機の倍近い導入数と最近のパチスロはサミー系が人気。しかしA+ATで評価はどうなるやら。出玉が遅すぎれば「鉄拳5」のようになってもおかしくない。「ボンバーガール」はメインATまでの遠さと一部打ち方がめんどくさい場面があって触れづらい。「リオ」は実写じゃないだけで……、じっくり遊べるスペックと6.5号機の仕様のミスマッチがネガティブな点だろうか。6号機初期の低ベース路線にはもう戻れそうにない。

今週は新台を打とうかと思っていたが閉店予定の店舗ばかり巡っていたため禄に打てず。もう閉める店とはいえ最後に少しくらいは打とうかと台を見て回るも、旧規則機時代のようにレアな台に遭遇することは皆無。Aタイプ以外ほぼ○んだバラエティみたいな。軽く打って新台を導入している店にも行ったが新台込みでもよく考えれば打ちたい台なんて皆無だったわと気づく。客のいない快適な店内でたった1時間打った料金約2万円。先日買ったフルプライスのゲームは8000円でトロコンまで30時間遊べたのに……

©project シンフォギアGX ©project シンフォギアAXZ

回答結果 (回答数1,347件)

9月5日から導入が始まった下記のパチンコ4機種のうち、一度打ってみてまた打ちたいと思ったのはどれですか?

Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱(70.2%)
Pシンデレラブレイド(9.4%)
P銭形平次3 DENKOUSEKKA(10.7%)
P犬夜叉2(9.7%)
投票は終了しました

アンケート一覧はこちら


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:5件 コメントを書く

  1. 産廃絶唱だー!!

    8
    9
  2. もうパチンコやめろ
    人気店のシンフォギアに空きなんてないしめちゃくちゃ面白いぞ

    4
    0

今、読まれています!

1

京都府宇治市にて営業してきたパチンコホール『キコーナ宇治大久保店』が改装のため、休業したのは本年8月 ...

2

長引くウクライナとの戦争でプーチン大統領は動員令を発動した。いつ軍隊に召集されるか分からない状況に怯 ...

3

保安通信協会(保通協)は3日、2022年9月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 パチンコは結 ...

-コラム
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島