×

【寄稿コラム】玉箱が消えたことで労働の質が変わった、パチンコ店での接客も「感情労働」にシフトする

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール主任が言う。各台計数機になって時間を持て余すほうが疲れるという従業員は多いと。

これは大半のパチンコホールに当てはまることだろう。なぜなら労働の質が変わったから。

労働には3種類ある。「肉体労働」「頭脳労働」そして「感情労働」だ。人と接して対応する仕事のことである。1970年代のアメリカでデルタ航空におけるCAの調査から研究が始まったとされる話。

自分の本当の感情を抑え、笑顔や親しみやすさ、心のこもったサービスなど、自分の感情を管理し統制する仕事のことを指す。これには「見せる感情」と「見せない感情」を切り分けるマネジメントノウハウが必要。

肉体労働が頭脳労働へ変わっていく一方で、急速に増えたのが接客業全般の感情労働だ。肉体労働が工作機械に置き換わり、頭脳労働もコンピュータにどんどん置換されて、最終的に人間に残る労働はこの「感情労働」だけかもしれない。

ちなみに玉箱があった時代は「体育会系の女性」が最もパフォーマンスが高かった、とある店長が話す。肉体労働+笑顔の成せる業だ。

ただしこれからは、(現状分析の上で)相手が何を考えているか気遣い、一歩先に動く働き方が求められることだろう。肉体+頭脳+感情労働の複合型。接客業はやはり簡単ではない。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:89件)


コメント:11件 コメントを書く

  1. こんな話になるのも客の平均滞在時間が伸びているからだと察するが、衰退産業の店員の質なぞ実はどうでもいいと思った。勝ってるときはどんな店員でも仏に見えるし、負けてるときは殺意が湧くくらい憎まれる。深くお辞儀したからって10万負けた客が笑って帰るワケがない。

    66
    15
  2. 職業に貴賤なしとは言うが、パチンコ店員などは犯罪集団にコキ使われるもっとも賤しい、そして悲しい仕事だと思う。
    ドル箱さえ運ばないのなら、彼らは一体なにをしているんだろう?
    店内の清掃や消毒作業ぐらいか?機械の故障もめったにないだろうし。

    客の肩でも揉んであげたらどうかw

    22
    47

今、読まれています!

1

愛知県春日井市にて営業してきたパチンコホール『コスモジャパン勝川店』を本年7月に真城グループが事業承 ...

2

「HEY!エリートサラリーマン鏡」(パオン・ディーピー) 次回入替は12月5日から。中旬導入も数があ ...

3

『ライオン八王子店』(※2022年5月撮影) 東京都八王子市にて営業中の低貸専門店『ライオン八王子店 ...

-コラム
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島