×

【寄稿コラム】パチンコ店の販促物として「チラシ」がまだ有効であることは強みの一つ

テレビを未だに観ている人がいるように、新聞をとってチラシを見ている人もまだまだ存在する。新聞を取る中心は当然ながら中高年層。故に日によっては、そのチラシの3分の1から半分を「老人ホーム」や「療養所」の案内が占めることも少なくない。

そのほかで多いのは「無料査定!高価買取!」と謳う古物買取り業者のチラシか。金・プラチナ、各種ブランドモノ、家電一般なんでも扱っている。もちろん地域差はあるにせよ、年齢人口の構造が変わらなければ、いずれ日本全国で家にある中古品の再利用が最大産業になるかも。

また、20年後には医療・福祉が最大産業になるという分析も出ていた。政府の2040年将来見通しによれば、日本のほとんどの産業分野で就業人口が減るなか、医療・福祉関連産業だけが雇用者を増やし続け、小売や製造業を抜いて就業者数で日本最大の産業となると。

就業者数が減ればその産業も成長前提の経営戦略は成り立たない。ほぼすべての産業で緩やかな衰退を前提にしたモデルに変えなければならないのは必然。

むろんパチンコ業界も同様だが、高齢層の顧客が主体となっている現状は悪いことばかりでもないはず。販促物としてチラシがまだまだ有効であることも強みの一つと考えたい。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:109件)


コメント:9件 コメントを書く

  1. いつも思うのはこの駄文を書いた人間はどっちの方向に向かって発信してるんだろうか?

    ほぼ客の立場であるこのサイトの訪問者に対しては「だから何、俺らにどうしろと」程度の内容しかないし
    企業向けの提案なら署名もなく、具体案もない意見なんて何の参考にもならん

    そもそもこんなんを「寄稿コラム」としてありがたがって掲載してる編集部はどこを向こうとしてるの?
    正直忖度まみれで何も書けない、ってんなら何もしない方がいいんじゃないか

    8
    0
  2. リサイクルだエコだSdgsだお題目だっきゃ警察チラ見しながら声高に叫んで
    やってることは大電力。消費の上パルプ資源の無駄遣い
    なんなんコイツら

    2
    0

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も残り1か月となった。光陰矢の如しとはよく言ったものだ。正にあっと ...

2

新潟県佐渡市にて営業してきたパチンコホール『DAMZ佐和田』が2022年11月30日(水)の営業を以 ...

3

パチンコ店のコンサルを生業としている知人。最近顔を見ないので「どうしているのか」と同業者に尋ねると、 ...

-コラム
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島