×

【寄稿コラム】お客が多いからといって儲かっているとは限らない、パチンコホールにおいて客数と利益額は意外と比例しないもの

「お客は多いけれども利益はとれていない店」と「お客が入って利益もとれている店」がある。同様に「お客は少ないが利益は取れている店」と「お客も居ないし利益も取れていない店」がある。

閉店するパチンコホールの多くは当然ながらお客も利益も無いところ。それでは、次はどこか。

お客が多いからと言って必ずしも儲かっているとは限らない、とあるホールの営業責任者がそう話していた。自店と競合中の高稼働店も、実は毎月1億円近い赤字を出しているはずなどと。「むろん見た目は良いが、いつまでも続く営業手法ではない」とも。

なお、一概に稼働が低いといっても、すでに多くのホールは客付き率2から3割が当たり前だ。そんな状況を踏まえて次のように続ける。「今は欲しい台が機歴を足し合わせて1台300万円もする、利益がないと継続そのものが危うくなるよ」と。

かつては「抜いても抜いても」お客が追いかけてくれる遊技台がたくさんあった、とある別の営業部長。そういう機種をできるだけ店に揃えることが営業戦術の柱だった。しかしながら今は機械がない。なければ次に何を選ぶかで会社の性格が出るもの。1円と4円の戦術にも当然反映してくる話。

それを受けて、昔は高稼働で有名だった店のオーナーはこう言った。稼働がなくて利益を取る方法を自分は知らなかったと。だから今の利益中心の営業スタイルには正直ついていけないので、店の営業には一切口を出していないようだ。

「お客は少ないが利益は十分取れている店」と「お客は多いけれども利益はあまりとれていない店」。顧客目線からはどちらが良いか明白だろうが、ホール目線では果たしてどちらが優秀か。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:9件 コメントを書く

  1. ガラガラでも店が存続できるのは税金対策だからなんだよね。例えば、不動産業とか他業種でボロ儲けできていても、法人税払いたくないから赤字ホールを意図的につくる。
    法人をたくさん作る手もあるらしいね。
    ソフトバンクは巨額利益上げながら租税回避で法人税ゼロ円申告。パチンコ屋の場合は節税会社や不採算店舗を作るのかな?

    17
    10
  2. どうりでガイアばかり増えるわけだ

    11
    6

今、読まれています!

1

『123橿原店』(※2022年9月撮影) 関西エリアを中心にパチンコ店をチェーン展開する延田グループ ...

2

『オーパス・ワン立石店』 東京都葛飾区のパチンコ新店『オーパス・ワン立石店』が2022年12月1日( ...

3

平和はこのほど、パチンコ新機種「Pルパン三世2000カラットの涙 129ver.」を発表した。 本機 ...

-コラム
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島