×

【拝二刀の訪遊記】千葉市の幕張地区では『やすだ幕張店』が圧倒的な集客を見せる、安田屋グループの旗艦店に相応しい店舗だった

『やすだ幕張店』

今回は千葉市幕張地区における視察リポートの後編です。国道14号線沿いに立地する4店舗のパチンコ店を視察しました。

4店舗の中で圧倒的な集客を見せていたのが『やすだ幕張店』です。昨年12月に『ビックマーチ』対策として数カ月の店休で改築・改装を行ない、リニューアルオープンしていました。総台数は1242台まで増えて幕張地区最大のパチンコ店です。

なお、『やすだ』ではパチンコもパチスロも高レートの一部を箱積みにしていました。パチンココーナーは通常の島ですが、パチスロコーナーは昨年別途改築されて円形島や曲線島となっています。

『アスワンMAKUHARI』

次に稼働が高かったのは『アスワンMAKUHARI』でした。幕張地区では、現在の建屋よりも前の1984年から開店した老舗ホールであり、幕張地区では最も西側に位置しています。そんな同店は『ニュー後楽園』や『ルーキー』などの屋号のグループで「JR津田沼駅」近くが本拠地です。「ダイワ●●●…」などの馬主さんとしても有名ですね。

『ミリオン幕張店』

また、『やすだ』のほぼ向かいにあるのが『ミリオン幕張店』です。商業施設の1階で営業をしていますので、立体駐車場は共用です。パチンコもパチスロも多レートでの戦略を取っていました。元々は徳島県で多店舗展開していますが、この幕張地区の他に東習志野近くにも出店しています。同店は数ヶ月前に新店長就任や最重要旗艦店などの販促展開をしていました。

最後の1店舗は『TOHO幕張店』で、池袋東口などでも店舗展開しています。総台数は318台と小さく、こちらでは『ドン・キホーテ』と駐車場を共用していました。4円パチンコ以外は1.25円パチンコと46枚パチスロを貸玉で調整していましたが、稼働はいまいちと映っています。

『TOHO幕張店』

とにかく『やすだ幕張店』が同地区では群を抜いていました。ちなみに『ビックマーチ』や『マルハン』とは車で15~20分ほど離れているので商圏はあまり被らないのかもしれません。しかし『やすだ』側が意識していることに変わりはないと考えますし、習志野と東習志野の各地区を回遊している可能性は間違いなくあるでしょう。

また、直近のトピックスとしては『やすだ柏』が幕張と同じように改築後のリニューアルオープンを行っています。こちらも是非見に行きたいですね。

■プロフィール
拝 二刀(おがみ にとう)
パチンコ歴20年以上のホール従業員。最近は財布事情も厳しく、公休日のパチンコは低貸パチンコのみ。条件が良ければ高速道路を使って片道1時間のホールまで打ちに行くマスクを被った変わり者。さらに、最近オープンした「ゲームセンタータンポポ」に足繁く通っている。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. そりゃ等価ですからね。東京から出向きますよ。

    0
    0

今、読まれています!

1

都内のパチンコ店が提供してきた金地金賞品「1g金賞品(大景品)」と「0.3g金賞品(中景品)」が、相 ...

2

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

3

「パチスロ モンスターハンターワールド:アイスボーン™」(エンターライズ) 1月30日の新台導入は「 ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島