×

パチンコ業界全体で新規ファンを増やそうなどという余裕はもはやないのか

スマスロはそれなりの稼働だがお客の総数は増えていない、とあるホール社長。6.5号機以降パチンコからパチスロへ移るお客が増えて、スマスロ登場で余計にその傾向が強くなった、と。「つまり遊技するお客があっちからこっちに移っているだけで、増えていない。業界はちょっとまずいと気づくべき」。

電車の中吊り広告でスマスロ導入を大きく謳うホールもあるが、もちろんファン以外には何のことかさっぱり分からない。新規客にはまったく不親切な広告だという人も。今どき広告を見て初めてパチンコ店に遊びに来るお客がいるとも思えない。すでに限られたファンにしかメッセージは伝わらない。

スマート遊技機の登場という業界の大きな転換期において、これを機会に新規・休眠ユーザーを掘り起こそうという意欲はほとんど感じられない。諦めているのかも。全体の総数が増えない限りパイの奪い合いは変わらず、むしろパイが小さくなり続けるのでより競争は熾烈になる。

「業界全体で若者や女性のファンを増やそうなどという余裕はもはやない。学生サークルと組む企画もあるがファン育成というよりリクルート目的」と。

冷静に考えるなら、パイが大きくなる市場がいまの日本にそもそもあるのか。

※本コラムは「日刊遊技情報」より抜粋


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:37件 コメントを書く

  1. パチンコもパチスロも遊び方が難しくなりすぎなのでは?今は海でさえ分からないし、スロはジャグラーと花以外は説明書読んでも何が何だか。まず覚えてから遊べというのは不親切すぎる。

    100
    4
  2. 出さないから、客足が、途絶えるのが道理

    97
    3

今、読まれています!

1

マルホンはこのほど同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「P天龍∞ SEVEN R1」の ...

2

「1週間シリーズ【完全ハズレ目に見えるリーチ目編(新ハナビ)】」より 今回紹介するのは「A PROJ ...

-コラム
-

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島