×

【パチンコ狂の詩】12月は特にひっそりと閉店するパチンコ店が多い気がする、事前の閉鎖告知くらいはホームページで行ってほしい

本年9月に閉店した『コスモジャパン栄店』

愛知県岡崎市にて営業してきたパチンコホール『コスモジャパン岡崎店』が2022年12月11日(日)の営業を以って閉店したようだ。当該店舗のホームページも既に閉鎖され、企業公式サイトの店舗一覧からも消失している。

同店は県道26号線沿いに位置しており、パチンコ機468台・パチスロ機250台(合計718台)の大型店であった。半径3キロ圏内には『ZENT岡崎インター店』や『M&K岡崎店』などの競合店も存在しているエリアである。

運営母体となる「三和観光」グループは愛知県にてパチンコホールを展開するチェーン企業。経営店舗は全て「コスモジャパン」の屋号を冠しており、今回の「岡崎店」も含めると計11店舗を営業してきた。

ちなみに本年9月には名古屋市中区の『コスモジャパン栄店』が閉店となっていたが、閉鎖告知は当日に貼りだされたとの情報も聞かれるなど、急遽の閉店が話題となっていたものだ。

なお、パチンコホールが休業・閉店する場合は、1週間ほど前からホームページなどでも告知されるのが一般的といえるだろう。また、閉店後もしばらくは(貯玉や来店ポイントの精算などに関する案内を周知する意味でも)ホームページを残しておく場合が圧倒的に多いもの。

こうした事前・事後の告知期間が非常に短いケースは、知名度の高いチェーン企業の対応としてはかなり珍しい部類に入るといえそう。

12月は特にひっそりと閉鎖するパチンコ店が多い気がする。ファンのためにも「立つ(飛ぶ)鳥跡を濁さず」の精神を忘れて欲しくないところだ。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:13件 コメントを書く

  1. 企業としての最低のマナーだよね。
    単にそれすらできない業界なんだよ。

    55
    11
  2. どんどん潰れろ!脱法ギャンブル!

    51
    21

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島