×

兵庫県神戸市のパチンコ店『ミクちゃんガイア住吉店』はスマスロの設置比率が46%に上る、大阪には100%のホールも【パチンコ狂の詩】

「HEY!エリートサラリーマン鏡」の導入もだいぶ進み、年末年始商戦に向けてスマスロ4機種の設置状況はかなり固まってきたといえるだろう。

『PIA柏スロット館(千葉県)』『エスパス日拓新宿歌舞伎町店(東京都)』『レイト平塚(茨城県)』の3店舗は既に100台以上のスマスロを設置済みとなっている。

中でも『レイト平塚』においてはパチスロ機全体に占める割合が約37%と非常に高い数値をマークしていたものだ。同店が設置比率で全国1位なのかと調べてみると、上には上があった。

兵庫県神戸市の『ミクちゃんガイア住吉店』におけるパチスロ機の総設置台数は167台。その内、76台がスマスロとなっており設置比率は約46%に上っている。ちなみに4機種とも19台ずつ置かれているようだ。

そしてもう1店舗。大阪府高槻市の『パチーノルセロ』はパチンコ機431台・パチスロ機13台(合計444台)という変則的な設置構成のホールである。13台だけ置かれたパチスロコーナーは全てスマスロとなっており、設置比率は一応100%だ。

スマート遊技機専門店などの登場もいずれは見込まれるが、その前にパチンコ専門店が一部スマスロだけ導入するようなパターンも今後増えてくるかもしれない。

むろんスマパチの導入後は逆のパターンもありそう。2023年は営業形態の多様化が更に進むことだろう。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『楽園相模原店』ホームページより 神奈川県相模原市にて新築パチンコホール『楽園相模原店』のグランドオ ...

2

1月度の最多導入となった「P牙狼GOLD IMPACT」(サンセイR&D) 今回は2023年1月度の ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島