×

【パチンコ狂の詩】パチンコメーカー「高尾」は令和5年2月28日をもって全営業拠点を閉鎖へ

間もなく2022年も終わりに。本年の重大ニュースを振り返ってみると、やはり「高尾」の件は強く印象に残っている。

パチンコメーカーの「高尾」が民事再生手続開始の申立てを行い、東京地方裁判所より保全処分命令の発令を受けたのは本年5月30日のこと。そして6月1日には名古屋市内で「民事再生手続に関する説明会」を開催していた。その際には100名を超える債権者が参加していたものである。

その後、民事再生手続が進められる中で「再生計画案」が立案されて、11月2日に開かれた債権者集会にて「賛成多数」で承認・可決されていたのは既報の通りだ。スポンサーとなる「オーイズミ」の動向も含めて引き続き注視していきたいところ。

そんな中でこの度、「高尾」から取引先へと案内文書が発出されたと聞く。「事業体制を開発及び製造に特化する」とした上で「令和5年2月28日をもって全営業拠点を閉鎖する」ようだ。

時代の変わり目に翻弄されたのはホールもメーカーも同じこと。来年こそ明るい話題が多い1年であって欲しいものである。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:41件 コメントを書く

  1. 社長が殺害された事件の犯人はいつ捕まるのですかね。
    不祥事だらけの愛知警察ですから難しいですか?

    337
    43
  2. オーイズミはダイナムの不祥事に加担していて問題になってるよね。
    いまは高尾どころじゃないんじゃない(笑)

    198
    26

今、読まれています!

1

『楽園相模原店』ホームページより 神奈川県相模原市にて新築パチンコホール『楽園相模原店』のグランドオ ...

2

1月度の最多導入となった「P牙狼GOLD IMPACT」(サンセイR&D) 今回は2023年1月度の ...

3

「大阪楽園グループ」は大阪府にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は「ラクエン ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島