×

今年のパチンコ業界を漢字一文字で表すとすれば何だろうか、「去」「新」「次」「閉」「廃」どれもしっくりこない【編集部コラム】

「今年の漢字」。これは漢字の素晴らしさや奥深い意義を伝えるために1995年から始まった。1年の世相を漢字一文字で表すもので、もうすっかり年末の風物詩となっていることだろう。

ちなみにオリンピックイヤーとなった去年は「金」。そして今年は「戦」だった。そう言われれば確かにその通りといった感じだ。別にめでたいものを披露する場でもないので、そんなところか。

世間全般が思う今年の世相は「戦」で全然文句もないが、それではパチンコ業界ではどうか。この1年間を漢字一文字で表すとすれば何だろう。

選挙繋がりで同じく「戦」なんて人もいるかもしれないが、それはさすがに少数派。パッと思いつくのは、年始の旧規則機撤去で「去」とか。新規則機移行やスマスロにあやかって「新」とか「次」も良さそう。

閉店ラッシュに目を向けると「閉」や「廃」なんて意見もあるだろう。逆に(1年前と比べれば)業績向上を見せているホールやメーカーも多いことから、復活や活気の「活」なんて声も。

そんな中、ユーザー目線だと印象に残る1文字は「先」。先バレが流行ったおかげで通常時の演出なんて無駄だとメーカーも認め始めたから。そんな意見も聞かれて面白いと思う。

ただ、どれもこれも今年のパチンコ業界を1文字で表すにはしっくりこない。もっと素直に表現して「金」の1文字ではどうか。実際の「今年の漢字」でもこれまで4回も「金」が登場している。みんな「金」が大好きなのだ。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:5件 コメントを書く

  1. 閉店が相次いでいるので、「死」というのは如何でしょうか。

    10
    1
  2. 個人的には「糞」がいいと思います

    6
    0

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

「1週間シリーズ【完全ハズレ目に見えるリーチ目編(新ハナビ)】」より 今回紹介するのは「A PROJ ...

-コラム
-

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島