×

パチンコ店の「椅子」は高齢者や体の不自由な方に対する配慮が足りない【凡人S氏の徒然日記】

ここ数年、腰痛に悩まされている。腰の神経からお尻・太ももにかけて痛くなる腰痛の為、長時間椅子に座るのが中々に難儀である。なので、椅子の質や機能を結構気にしている。

パチンコ店の椅子も昇降機能があったり手置きスタンドがあったり随分と座りやすくはなっている。しかしながらお店によっては小さめの椅子だったり非常に固かったりする店もまだまだある。そういう店は案の定遊技客が少なかったりはするが。しかし現状の比較的座りやすい椅子であっても長時間座っているのは厳しい。

郊外の大型店等は1台1台の遊技スペースが広く取られている為軽く体を動かすことができるのだが、駅前店等は遊技スペースが狭く、あまり動くと隣の人にぶつかりそうで気が引ける。その為遊技する際は短時間にするか、体が固まらないように席を外すようにしている。しかしそれが面倒だったりもする。まあ、健康でない自分自身の問題でもあるが。

パチンコ店に関しては新規顧客の獲得に苦戦している状況下では1人あたりの遊技時間が長いに越したことはないはずである。その為リニューアルで椅子を交換している店舗もちょこちょこと出てきてはいる。それでも椅子に力を入れるようなお店はまだまだ少ない。パチンコ店の顧客は高齢者も多い為、健康でない方もそれなりにいるはずだ。高級椅子とまではいかないまでも座っても体に負担がかかりづらい椅子に多くの店がなることを願わずにはいられない。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:8件 コメントを書く

  1. 体に負担があるならパチンコするなよ
    健康のためにパチンコ店が存在するわけじゃねえだろ
    パチンコ店の負担はそのまま他のユーザーの負担になるだろうが

    30
    3
  2. 椅子のステマ始めたのか?
    フィールズに頼んで椅子も機歴にしたらどうだ?
    椅子1000脚買うたらエヴァをボックスで卸してくれるンじゃね?

    11
    4

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

「1週間シリーズ【完全ハズレ目に見えるリーチ目編(新ハナビ)】」より 今回紹介するのは「A PROJ ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島