×

パチンコ企業の社会貢献活動にも敬意を表したい、成通グループの千原代表らが「サンタクロース」に扮して児童養護施設でクリスマス会を開催【パチンコ狂の詩】

「ハリウッド」の屋号でお馴染みの成通グループ。30店舗ものホールを営業しており、文字通り岡山県を代表するパチンコ企業といえるだろう。

そんな同社ではこの度、代表の千原氏を始めとしてグループ社員ら総勢15名が児童養護施設「新天地育児院」を訪問。12月23日(金)にクリスマス会が催された。

この活動は同院の設立目的に共鳴した先代社長が昭和52年より開始し、現在の代表である千原氏が引き継いで本年で46回目を数えるという。

なお、多くのパチンコホールがこうした社会貢献活動を行っているが、ここまで長期間に渡り継続されているケースは少ないことだろう。正に継続は力なりといったところか。

ちなみにクリスマス会では千原代表をはじめ成通グループ社員の皆様らが「サンタクロース」や「トナカイ」に扮し、プレゼントやクリスマスケーキを手渡すなど、子どもたちは大喜びで交流を楽しんだよう。また、成通グループと「岡山市ぱちんこ業協会」から合計40万円の寄付も行われている。

こういったニュースは埋もれがちで表に出ることは少ないものの、もちろん同社以外にも多くのパチンコホールが同様の姿勢を見せているものだ。

「偽善に過ぎない」などと切って捨てる人もいるかもしれないが。そう言われることが分かった上で、それでも真摯に取り組む方々には頭が下がる思いである。パチンコ企業の社会貢献活動にも敬意を表したい。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:6件 コメントを書く

  1. 悪い事じゃない。悪い事じゃないんですけど、やっぱりそのお金の出所と、元持ち主の心境がきになるよな…

    5
    2
  2. そんなもん、一切社会貢献になっていない。
    パチンコ、スロットの出玉で生計する者の育成が業界の社会貢献。

    5
    1

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

「1週間シリーズ【完全ハズレ目に見えるリーチ目編(新ハナビ)】」より 今回紹介するのは「A PROJ ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島