×

【パチンコ経営企業分析】最も導入数が多かったパチスロ機は「HEY!エリートサラリーマン鏡」(スマスロ)で約2.1万台 2022年12月度の新台導入状況(パチスロ編)

「HEY!エリートサラリーマン鏡」

2022年12月度において最も導入されたパチスロ機は大都の「HEY!エリートサラリーマン鏡」で2万1,000万台強。次に導入台数が多かったのが、サミーの「パチスロ幼女戦記」で約1万5,000台。その次は、ユニバーサルの「沖ドキ!GOLD‐30」で約1万4,000台となっていた。

「HEY!エリートサラリーマン鏡」は多くのグループが高い期待を持って導入したといえるのだが、グループ別にみていくと2000台以上導入したマルハングループを筆頭に、営業店舗数が多い上位8グループおよび多くのグループが最も多く導入しているものの、20店舗以上の46グループにおいて、6割強の28グループにとどまった。

残りのグループにおいても、2番目に導入していたのは10グループであり、全てのグループが積極的に導入を試みたという印象は受けなかった。

それ以外のグループを見ていくと、タイラベストビートグループやサンシャイングループなど7グループにおいて「沖ドキ!GOLD‐30」が最も多く、さらに成通グループや東和産業グループなど4グループが「沖ドキ!GOLD」が最も導入台数が多かったことから、グループによっては同機種の期待度が高い様子も見受けられた。

一方で、2番目に導入台数が多かった「パチスロ幼女戦記」に関しては、最も導入台数が多かった20店舗以上のグループは、合田観光商事グループ、タツミコーポレーショングループの2グループにとどまった。

ちなみに20店舗以下のグループで新台を積極的に導入している日光商事グループと日拓グループを見ていくと、日光商事グループは僅差ながらも、最も導入台数が多かったのが、「沖ドキ!GOLD」で次位が「HEY!エリートサラリーマン鏡」であり、日拓グループは、「HEY!エリートサラリーマン鏡」が最も多く、次位が「沖ドキ!GOLD‐30」となった。

スマスロに対する捉え方の違いか、それとも他機種に対する期待値がより高かったのか、グループによって違いが見えたのが印象的であった。

最後に12月末と11月末の集計データと比較して設置機種を最も伸ばしたメーカーを調べたところ、北電子であった。10月末に発売した「ハッピージャグラーVIII」が12月度において9,000台強増加していたことに起因している。ジャグラーシリーズの信頼感の高さがうかがえる結果とも言えよう。

©DAITO GIKEN,INC.


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

都内のパチンコ店が提供してきた金地金賞品「1g金賞品(大景品)」と「0.3g金賞品(中景品)」が、相 ...

2

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

3

「パチスロ モンスターハンターワールド:アイスボーン™」(エンターライズ) 1月30日の新台導入は「 ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島