×

【パチンコ狂の詩】閉鎖された「ホール跡地」がそのまま放置されているのは何とも寂しい気持ちになる

2022年2月に閉店した『アピス上大岡』

神奈川県横浜市の港南区にて営業してきた『アピス上大岡』が閉店したのは昨年2月のこと。同店は横浜市営地下鉄「上大岡駅」からすぐの場所に位置しており、総設置台数は124台のパチスロ専門店であった。

なお、同駅周辺には『ジアス上大岡』や『アビバ上大岡店』といった有力ホールも存在しているエリアである。久しぶりに視察すると相変わらず両店は賑わいを見せていた。

そんな中、閉店から約1年が経つも『アピス上大岡』の跡地は当時から何ら変わらないように映る。看板なども残ったままだった。このように(首都圏における駅前立地においても)閉鎖されたホール跡地がそのままというケースは枚挙に暇がない。

ちなみに近隣では、昨年8月から休業しているパチンコホール『JUMBO上大岡店』も当時のまま変わっていなかった。店頭には「暫くの間休業とさせて頂きます。会員カード等につきましては大切に保管して頂きます様宜しくお願い致します」との貼り紙も見られている。

こうした元ホールを見ると、何とも寂しい気持ちになるのが正直なところ。パチンコホールとして再始動しないのであれば、せめて別業態へと生まれ変わって欲しいものだ。

『JUMBO上大岡店』の休業案内


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:7件 コメントを書く

  1. なんで朝鮮人が日本の土地を持つねん?
    劣等民族は国へ帰れ

    27
    18
  2. 休業してるだけだからほっとけよと
    つまりは自社物件なのだろう

    地域振興になんら寄与しない身勝手なイメージしか湧いてこないので、
    せめてシャッターに応援メッセージとか描けよといいたい

    12
    5

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

「1週間シリーズ【完全ハズレ目に見えるリーチ目編(新ハナビ)】」より 今回紹介するのは「A PROJ ...

-コラム
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島